【連載:まちかど博物館散歩】三重県四日市市のタウン紙『タウン情報YOU四日市』

タウン情報YOU四日市トップページ > 連載一覧 > まちかど博物館散歩【一覧】 >オリーブまちかど博物館

世界平和を願う 25種類のオリーブを展示

 四日市市別名5丁目の森勝雅さん(38)が栽培している6か国、25種類のオリーブを展示している。
  平和主義者を自認する森さんは、ギリシャ神話に登場し、和平や英知の象徴とされ、国連の紋章にもあしらわれているオリーブに興味を持ち、世界の平和を願い、約15年前から栽培を始めた。
  オリーブは、4月の新緑が美しく、5月には白い花が咲き、7月ぐらいから実をつける。10、11月はブラックオリーブといって実が黒紫色に変わる。
  四季を通して楽しめるが、太陽を浴びて葉を輝かせる春から夏が見ごろ。今は中庭の地植えや鉢植えのオリーブが、風に葉を揺らし、実をつけているのが見られる。希望者には販売もする。

オリーブまちかど博物館
【館長】 森勝雅
【所在地】 四日市市別名5丁目4‐28
【開館】 4月~11月 土日のみ 要予約
【問い合わせ】 059-334-3718
最新号の記事
連載
バックナンバー
四日市最新ニュース
チラシ折込み
お問い合わせ
トップページ



【主な配布エリア】
ときわ地区│中部地区│川島地区│桜地区│日永地区│四郷地区│海蔵地区│内部地区│三重地区│羽津地区│橋北地区│大矢知│富洲原│塩浜│楠│富田│あがた│八郷│下野│保々