【連載:まちかど博物館散歩】三重県四日市市のタウン紙『タウン情報YOU四日市』

タウン情報YOU四日市トップページ > 連載一覧 > まちかど博物館散歩【一覧】 >あけび工房

一緒にしてみませんか 手織り あけび工房

 四日市市大井手3丁目の「手織り あけび工房」は、館長の山崎あきのりさん(39)の曾々祖父が開業医として使っていた1884(明治17)年建築の古民家だ。数台の織り機があり、手織り体験が楽しめる。

  山崎さんは16年前、母みのりさん(66)とともに名張市内のある工房で「さをり」という手織りを体験して気に入った。その場で織り機2台を注文して帰り、以後ずっと手織りに没頭している。

  現在ある12台の機織の半分は父亨雄さん(71)の手作り。最初に織った全長6㍍の作品「名鉄電車」を始め、乗り物、海、山、雪などの風景を手織りで表現した。山崎さんは「見た色と、その時に感じた楽しかった思いを込めて織っている」といい、明るく暖かい感じの作品を織り出している。

  工房には、色鮮やかな手織り作品が展示され、訪れる人の目を楽しませる。時にはピアノやコカリナなどのコンサートが開かれる。
「車椅子でも入れます。一緒に手織りをしてみませんか」

手織りあけび工房
【館長】 山崎あきのり
【所在地】 四日市市大井手3丁目13-5
【開館】 水~土曜日 午前10時~午後5時
【問い合わせ】 059-353-5990
最新号の記事
連載
バックナンバー
四日市最新ニュース
お問い合わせ
トップページ



【主な配布エリア】
ときわ地区│中部地区│川島地区│桜地区│日永地区│四郷地区│海蔵地区│内部地区│三重地区│羽津地区│橋北地区│大矢知│富洲原│塩浜│楠│富田│あがた│八郷│下野│保々