【連載:四日市南署だより】三重県四日市市のタウン紙『タウン情報YOU四日市』

タウン情報YOU四日市トップページ > 連載一覧 > 四日市南署だより >春の全国交通安全運動

春の全国交通安全運動

交通官 河合清宏

 4月6日(木)から15日(土)までの10日間、春の全国交通安全運動が実施されます。この運動は、皆さま一人ひとりが交通安全を自らの問題として捉え、交通安全意識を高めて悲惨な交通事故の防止を図ることを目的として実施するものです。
 運動の基本は「子どもと高齢者の交通事故防止~事故にあわない、おこさない~」です。次代を担う大切な子どもたちや、我が国の成長を支えてきた高齢者の方々を社会全体で交通事故から守りましょう。
 運動の重点は以下の3点です。
①歩行中・自転車乗用中の交通事故防止(自転車については、特に自転車安全利用五則の周知徹底)
 ドライバーの方は、交通ルールを順守するとともに、歩行者保護の気持ちを忘れず安全運転を心掛けましょう。自転車は「くるま」の仲間であることを認識しましょう。

自転車安全利用五則
○自転車は車道が原則、歩道は例外
○車道は左側を通行
○歩道は歩行者優先で、車寄りを徐行
○安全ルールを守る(飲酒運転/二人乗り/並進の禁止/夜間はライトを点灯/交差点での信号順守と一時停止、安全確認/子どもはヘルメットを着用)

②後部座席を含めた全ての座席のシートベルトとチャイルドシートの正しい着用の徹底
 県内では昨年1年間、四輪乗車中に交通事故で亡くなられた方は34人で、シートベルト非着用者13人のうち、シートベルトを着用していれば助かったと推定される方は9人でした。万が一、交通事故に遭った時の被害を軽減させるため、後部座席を含めた全ての座席でシートベルトを着用しましょう。
③飲酒運転の根絶
 飲酒運転は犯罪です。重大な責任を負うことを自覚し、一人ひとりが「しない」「させない」「許さない」を徹底しましょう。
 警察では、悲惨な交通事故を1件でも減らすため、飲酒運転などの悪質・危険な交通違反を中心に指導取締りを行うとともに、関係機関・団体の皆さまと連携し、各種広報啓発活動を実施して「安全で安心な四日市の実現」に取り組んでまいります。皆さま方も交通ルールを順守するとともに、今一度、交通マナーについて考えていただき、相手を思いやる気持ちで交通事故防止に努めましょう。

最新号の記事
連載
バックナンバー
四日市最新ニュース
お問い合わせ
トップページ



【主な配布エリア】
ときわ地区│中部地区│川島地区│桜地区│日永地区│四郷地区│海蔵地区│内部地区│三重地区│羽津地区│橋北地区│大矢知│富洲原│塩浜│楠│富田│あがた│八郷│下野│保々