【連載:四日市南署だより】三重県四日市市のタウン紙『タウン情報YOU四日市』

タウン情報YOU四日市トップページ > 連載一覧 > 四日市南署だより >落とし物について

落とし物について

会計課長 中山貢

 落とし物の届けは、四日市南署だけで年間に、遺失届が6000件以上、拾得届は2万件以上を受理しています。
 今回は落とし物についてのご案内です。
 ①落とし物をしてしまいました。さて、どうやって探せばいいのでしょうか?
 まず、心当たりのある場所を探します。
 次に警察に届け(遺失届け)を出します。電話でも受付できます。
 ②落とし物を拾いました。どうすればよいですか?
 駅や店など施設で拾った場合は、そこで届出をしてください。
 道路など施設以外で拾った場合は、最寄りの警察署や交番などへ届けてください。
 ③落とし物はどうなるのですか?
 警察では、拾得物を3か月間保管して、遺失者が判明しない場合は、拾得者に渡します。ただし、個人情報が入っているスマホやカード類などは廃棄します。
 ④落とし物は拾った人のものになるのですか?
 落とし物を拾って、警察に届出をした時点で次の3つの権利が発生します。
 ◆所有権(個人情報が入っているスマホやカード類などは主張できません)
 ◆報労金を受け取る権利(物件価格の5%から20%と定められていますが、遺失者と拾得者の双方で相談して報労金の金額を決めてもらいます)
 ◆費用の請求権(取り扱いをした時に、必要となった経費を請求できます)
 ただし、拾ってから1週間以内(施設の場合は24時間以内)に届出をしないと権利を失います。
 ⑤警察からのお願い
 皆さまからお預かりする落とし物は、傘、手袋、スマホ、財布、鍵などが多く見られます。持ち物には、持ち主を特定できるように、氏名やイニシャルの記入、アクセサリーなどの目印をつけておくことをお勧めします。

最新号の記事
連載
バックナンバー
四日市最新ニュース
お問い合わせ
トップページ



【主な配布エリア】
ときわ地区│中部地区│川島地区│桜地区│日永地区│四郷地区│海蔵地区│内部地区│三重地区│羽津地区│橋北地区│大矢知│富洲原│塩浜│楠│富田│あがた│八郷│下野│保々