【連載:四日市南署だより】三重県四日市市のタウン紙『タウン情報YOU四日市』

タウン情報YOU四日市トップページ > 連載一覧 > 四日市南署だより >ドライバーの事故防止123

ドライバーの事故防止123

交通第二課長 森本誠

 私たちの生活に欠かせない自動車ですが、一つ間違えると、尊い命を奪う凶器にもなります。そこで、誰でも簡単に実行できて事故防止に大いに役立つ「ドライバーの事故防止123」をご紹介します。1・2・3で覚えていただくとテンポも良く、すぐに思い出してもらえると思います。
①1割スピードダウンしよう
 1割のスピードダウンで運転操作に余裕ができ、万が一事故を起こしたとしても衝撃が小さくなります。
②2倍車間距離を取ろう
 2倍の車間距離を取ることで追突事故を減らすことができます。
 交通事故で一番多いのは追突事故です。車間距離を十分取っていると、前の車が止まったことに気づいて、ブレーキを踏み止まるまでに余裕ができ、事故を回避できる確率が上がります。
③3分早めに出発しよう
 3分早めに出発していただくと、運転中に心の余裕ができます。朝や夕方の出勤時間帯に事故が多いのは、ドライバーの皆さんが急いでいることが大きな原因の一つだと思います。早めの出発、時間に余裕のある運転計画で事故防止に努めていただきたいと思います。
 21日から30日までは、秋の全国交通安全運動が行われます。警察としましては、悲惨な交通事故を1件でも減らすため飲酒運転や無免許運転などの悪質な交通違反の取り締まりを行うとともに、関係機関、団体と連携した広報活動を実施して「安心で安全な四日市市の実現」に取り組んでまいります。皆さまも引き続き安全運転で交通事故防止に努めてください。

最新号の記事
連載
バックナンバー
四日市最新ニュース
お問い合わせ
トップページ



【主な配布エリア】
ときわ地区│中部地区│川島地区│桜地区│日永地区│四郷地区│海蔵地区│内部地区│三重地区│羽津地区│橋北地区│大矢知│富洲原│塩浜│楠│富田│あがた│八郷│下野│保々