【連載:四日市南署だより】三重県四日市市のタウン紙『タウン情報YOU四日市』

タウン情報YOU四日市トップページ > 連載一覧 > 四日市南署だより >外出時の防犯対策

外出時の防犯対策

生活安全課長 新家政紀

 夏休み真っただ中、海や山へのレジャー、夏祭りなどイベントが増えるこの時期は、野外で活動する機会が増える一方、子どもや女性を狙った犯罪が発生しやすく、用心が必要な時期でもあります。そこで今回は、子どもや女性が犯罪の被害から身を守るために気をつけてほしいことについてお伝えします。
 まず、子どもたちが連れ去りやいたずらなどの被害に巻き込まれないための5つのポイントです。
 1つ目は「遊びに行く時は、どこで誰と遊ぶか、いつまでに帰るかを家の人に伝えてから出掛ける」ということです。
 2つ目は「一人では遊ばない」ことです。家の近くだから、まだ明るいから安心、ということはありません。
 3つ目は「知らない人には絶対について行かない」ということです。「お菓子をあげる」「お母さんに頼まれた」などと言って近づいてくる者もいます。
 4つ目は「誰かに連れて行かれそうになったら、大声で助けを呼ぶ」です。大きな声はとっさには出にくいこともあるので、普段から練習をしておくことも大切です。防犯ブザーやホイッスルも効果的です。
 5つ目は「友だちが知らない人に連れて行かれそうになったら大声で助けを呼ぶ」です。
 これらのポイントを「5つの約束」として繰り返し子どもに教え、自分の身を守る習慣を身につけさせてあげてください。
 次に、女性が犯罪に巻き込まれないための3つのポイントです。
 1つ目は「夜道の一人歩きは避けること」です。一人歩きは極力避け、帰宅時は友人や同僚の方などと複数で行動してください。家族に迎えに来てもらうなど、家庭内の安全対策も重要です。また、暗い夜道、寂しい通りには危険がいっぱいです。少し遠回りでも明るい人通りの多い道を選ぶように心がけてください。
 2つ目は「スマートフォンを操作したり、音楽プレーヤーを聴きながら歩くのはやめること」です。周囲への注意が散漫となり、不審者の存在に気づくのが遅れます。相手に隙を与えることにもなり、狙われやすくなります。
 3つ目は「エスカレーターに乗る時は、周囲に注意を払うこと」です。エスカレーターの利用中、後方からスマートフォンなどで盗撮される被害が多発しています。特に駅や大型商業施設のエスカレーターに乗る時は、周囲を確認し、後方にも注意を払うようにしてください。
 不審者は、通勤・通学路や公園、自宅周辺など、さまざまな場所に現れます。みなさんの周りにも、常に危険が潜んでいることを認識してください。
 実際に事件に遭いそうになったり、不審者を目撃した時などは、すぐに四日市南警察署(電話059・355・0110)へ電話をするか、110番通報してください。
 皆さんの素早い通報が、事件の解決や他の被害防止につながります。小さなことでも迷わず通報をお願いします。

最新号の記事
連載
バックナンバー
四日市最新ニュース
チラシ折込み
お問い合わせ
トップページ



【主な配布エリア】
ときわ地区│中部地区│川島地区│桜地区│日永地区│四郷地区│海蔵地区│内部地区│三重地区│羽津地区│橋北地区│大矢知│富洲原│塩浜│楠│富田│あがた│八郷│下野│保々