【連載:四日市南署だより】三重県四日市市のタウン紙『タウン情報YOU四日市』

タウン情報YOU四日市トップページ > 連載一覧 > 四日市南署だより >2013年中の犯罪発生状況

2013年中の犯罪発生状況

認知件数減も 自動車盗、空き巣が増加
生活安全課長 松本覚

 2013年中における刑法犯の認知件数は2626件で、前年に比べ218件(8・3%)減となり、手口別では「自動車盗」が77件で、前年に比べ15件(19・5%)の増加、市民の住環境を脅かす「空き巣」が110件で、前年に比べ18件(16・4%)の増加となっています。
 前年と比べて総数は減少しているものの、市民の身近で発生している「自転車盗」は616件、「オートバイ盗」は107件、「万引き」は182件、自動車関連に関連する犯罪の「車上ねらい」は235件、「部品ねらい」は141件を認知しています。
 振り込め詐欺などの特殊詐欺は「オレオレ詐欺」が3件、「還付金等詐欺」が3件の他、「金融商品等取引名目」は1件を認知していて、振り込め詐欺の被害総額は約1300万円でした。
 また、性犯罪の前兆とみられる声掛け事案や、高齢者を狙った特殊詐欺の前兆とみられる不審電話は依然後を絶たない情勢です。
 四日市南署では、地域住民の皆さまの安全と安心を確保するため、街頭活動の強化、効果的な犯罪抑止対策を推進しています。良好な治安の維持は、警察の力だけで成し得るものではなく、防犯ボランティアや行政関係機関、事業者、地域住民の皆さまとの連携した取り組みが不可欠です。

活発な自主防犯

 市民の皆さまの防犯意識は非常に高く、青色回転灯によるパトロールや子どもを守る活動など、自主防犯が活発に展開されています。自主的な活動は、希薄となった地域住民の規範意識や地域社会における絆の再生につながると思います。
 地域における安全で安心なまちづくりは、地域の方々との絆で築けると確信しています。引き続き、重点犯罪など各種犯罪の抑止と検挙に向けた警察活動へのご理解とご協力をお願いいたします。

最新号の記事
連載
バックナンバー
四日市最新ニュース
チラシ折込み
お問い合わせ
トップページ



【主な配布エリア】
ときわ地区│中部地区│川島地区│桜地区│日永地区│四郷地区│海蔵地区│内部地区│三重地区│羽津地区│橋北地区│大矢知│富洲原│塩浜│楠│富田│あがた│八郷│下野│保々