【連載:四日市南署だより】三重県四日市市のタウン紙『タウン情報YOU四日市』

タウン情報YOU四日市トップページ > 連載一覧 > 四日市南署だより >振り込め詐欺を始めとする特殊詐欺の被害防止

振り込め詐欺を始めとする特殊詐欺の被害防止

生活安全課長 松本覚

 「特殊詐欺」とは、被害者に電話を掛け、対面することなく、指定した預貯金口座への振り込みなどで、不特定多数の者から現金をだまし取る犯罪の総称で、その代表的なものが「振り込め詐欺」です。
 更に最近では、未公開株、社債や外国通貨などの売買勧誘を巡る詐欺など、従来の振り込め詐欺の類型には該当しない「特殊詐欺」が多発しています。
 4月末現在、県内における特殊詐欺の認知件数は26件で、被害総額は約1億90万円。内訳は振り込め詐欺が15件(被害額約2960万円)、それ以外が11件(被害額約7130万円)となっています。
 振り込め詐欺は「医療費の還付金があるのでATMで手続きをしてください」という還付金詐欺や「会社の金を使い込んだ」などと言葉巧みにだますなど、オレオレ詐欺の被害が確認されています。
 振り込め詐欺以外の特殊詐欺の例として、被害者宅に突然、パンフレットが届き、後日、電話があり、「封筒は届いていませんか、株を注文してほしい、購入した場合は数倍で買い取ります」と言葉巧みにだまし、現金を振り込ませたり、レターパックに現金を入れての郵送や犯人が手配した宅配業者で送付させたりしています。
 被害者のほとんどは「まさか自分が被害に遭うとは」と話しています。被害を防止するには、自分も被害に遭う可能性があることを認識し、手口を知る、振り込む前に家族や警察に相談するという、抵抗力を備えることが重要です。
 不審な誘いが電話や郵便で届いた際は、迷うことなく四日市南警察署にご相談ください。

最新号の記事
連載
バックナンバー
四日市最新ニュース
チラシ折込み
お問い合わせ
トップページ



【主な配布エリア】
ときわ地区│中部地区│川島地区│桜地区│日永地区│四郷地区│海蔵地区│内部地区│三重地区│羽津地区│橋北地区│大矢知│富洲原│塩浜│楠│富田│あがた│八郷│下野│保々