【連載:四日市南署だより】三重県四日市市のタウン紙『タウン情報YOU四日市』

タウン情報YOU四日市トップページ > 連載一覧 > 四日市南署だより >「年末の交通安全県民運動」に向けて

「年末の交通安全県民運動」に向けて

交通官 稲垣賀洋

 12月11日(火)から20日(木)までの10日間、「年末の交通安全県民運動」が実施されます。
 この運動は、①子どもと高齢者の交通事故防止(特に、夕暮れ時と夜間の走行中・自転車乗用中の交通安全対策の推進)②全ての座席のシートベルトとチャイルドシートの正しい着用の徹底③飲酒運転の根絶の3点を「運動の重点」として、交通事故防止活動を実施します。
 特に、年末は忘年会など、お酒を飲む機会が増えることから、飲酒運転による交通事故が増加する傾向にあり、四日市南署では、検問を主とした指導取り締まりの強化や、「ハンドルキーパー運動」を推進していきます。
 しかし、飲酒運転を根絶するためには、市民の一人ひとりが▼お酒を飲んだら車を運転しない▼お酒を飲んだ人には運転させない▼運転する人にお酒を勧めないという決意を持っていただかなければなりません。
 飲酒運転は死亡事故につながる悪質で危険な行為であり、家族や職場など周囲の人たちにも不幸をもたらします。皆さんも今回の交通安全運動を契機として、更に交通ルールの遵守と正しい交通マナーの実践により、交通事故に遭わないようにお願いします。
 また、四日市南署管内では、今年11月15日現在、6人の方が交通事故により亡くなっていて、その特徴は①高齢者が半数を占める(6人中3人)②交通弱者(歩行者、自転車)が多い(6人中4人)③夜間の交通事故で亡くなった5人の方のうち4人が交通弱者である。(6人中4人)というものであり、特に、夜間の交通事故死者では、5人全員が暗い場所で、反射材を着用せず外出して車にはねられています。このような現状を踏まえ、当署では「ピカット作戦」を鋭意推進中です。
 この作戦は、夜間に徒歩、または自転車で外出する際の反射材着用を促し、ドライバーから目立つようにすることにより、交通事故防止を図るものです。警察官の夜間パトロール中、反射材を着用しないで外出している方を見かけた際には「反射材着用の有効性を説明する」「反射材を渡して、その場で着用して頂く」ことなどがあります。
 交通事故防止のために、皆様のご理解とご協力をお願いします。 

最新号の記事
連載
バックナンバー
四日市最新ニュース
お問い合わせ
トップページ



【主な配布エリア】
ときわ地区│中部地区│川島地区│桜地区│日永地区│四郷地区│海蔵地区│内部地区│三重地区│羽津地区│橋北地区│大矢知│富洲原│塩浜│楠│富田│あがた│八郷│下野│保々