【連載:四日市南署だより】三重県四日市市のタウン紙『タウン情報YOU四日市』

タウン情報YOU四日市トップページ > 連載一覧 > 四日市南署だより >平成24年 「秋の全国交通安全運動」

地域住民に開かれた警察活動を目指して

警務課長 貝塚秀貴

 警察は、地域の犯罪や交通事故を防止するなどのさまざまな活動の際、地域の方々の意見、要望などを十分に把握する必要があり、成果を上げるためには、理解と協力を得ることが不可欠です。
 2000年7月の「警察刷新に関する緊急提言」を受け、「国民のための警察」(国民の要望、意見の把握と誠実な対応)を確立するため、翌年6月に全国の警察署に「警察署協議会」が設置。警察署協議会は、警察署長が地域の方々の意見を聴き、理解と協力を求める場として活用され、その期待度は高まっています。
 四日市南警察署協議会では管轄区域内居住の住民を始めとし、さまざまな分野から推薦された13人の委員が、本年6月三重県公安委員会から委嘱され、地域の安全に関する問題について活発な意見、要望等を表明していただいています。
 12年度全国地域安全運動を目前に10月5日、「地域安全活動の推進」を協議事項として、2回目の四日市南警察署協議会が開催されました。

 今回は初めて管内各交番所長から、「地域の情勢と交番の活動」「地域の方々に対する想いと連携活動」「警察官としての決意、モットー」などや、通報を受けて臨場した現場での苦労話が発表されました。また、本年7月から地元ケーブルテレビで放映中の交番の紹介VTRを協議会委員が視聴し、
 ▼四郷交番 在住外国人からポルトガル語等での所願届受理
 ▼四日市橋交番 水上パトロール
 ▼諏訪交番 商店街の徒歩、自転車パトロール
 ▼日永交番 交番所長自ら指導する術科訓練などが紹介されました。
 各委員からは、「地域住民のために日夜ご苦労様です」などの労いの言葉や「警察のパトカーがパトロールしてくれている姿を見ると安心するので、今後とも地域のパトロールを頻繁にしてほしい」などの要望も出されました。
 協議会会長からは、「今後も、地域の安全を守って欲しい」「安全安心まちづくりのため、地域住民としても警察の活動に協力していきたい」と警察活動への理解と励ましの意見が出され、各交番所長も更なる活動へ決意を新たにしました。
 今回の警察署協議会を終えて、改めて地域住民の方々は、警察に対して強い期待と信頼を持っていただいているということを感じ、その一方で惜しみない理解と協力をいただいているということを痛感しました。
 これからも、「警察署協議会」を一つの機会として、地域住民の声に耳を傾け、「国民のための警察」を目指して励んで参ります。

最新号の記事
連載
バックナンバー
四日市最新ニュース
チラシ折込み
お問い合わせ
トップページ



【主な配布エリア】
ときわ地区│中部地区│川島地区│桜地区│日永地区│四郷地区│海蔵地区│内部地区│三重地区│羽津地区│橋北地区│大矢知│富洲原│塩浜│楠│富田│あがた│八郷│下野│保々