【連載:四日市南署だより】三重県四日市市のタウン紙『タウン情報YOU四日市』

タウン情報YOU四日市トップページ > 連載一覧 > 四日市南署だより >「三重県版コネクションズ」推進中 ~少年の居場所づくり活動~

「三重県版コネクションズ」推進中 ~少年の居場所づくり活動~

三重県警察では、昨年から「三重県版コネクションズ」という少年健全育成のための取り組みを実施しています。これは少年非行件数が年々減少しているにもかかわらず、再犯率が約3割という状況をふまえて、非行歴のある少年やその保護者に対して、刑事部門、交通部門とも連携して警察から積極的に連絡をとり、手を差し伸べて立ち直りを支援していく活動です。
 四日市南署でも、北勢少年サポートセンターが中心となって、対象少年や保護者に対して継続的に連絡をとって相談を聞き、助言をしています。
 また、この活動の中には、非行歴のある少年や不登校等の少年に職業体験や交流の場を提供する活動として「少年の居場所づくり活動」がありますので、今回はこの活動を紹介します。

ア 少年の居場所づくり活動とは
 警察で支援している少年たちは、保護者以外の大人との交流経験に乏しく、また、自分自身の居場所がないことが多いため、はつらつと活動できる居場所を提供するために、さまざまな体験活動を企画実施し、大人との交流を通して地域との絆、思いやりの心、社会性、規範意識を身につけることを目的としています。

イ 実施内容
 多くの人が関わる大規模な活動としては、各種スポーツによる交流、海岸や公園の清掃、料理教室等があり、少人数では、学習支援や趣味講座といった特別な場所や用意がほとんどいらない、手軽に出来るものがあります。

ウ 参加者
 非行歴のある支援対象少年の他、少年相談を受理した少年や不登校の少年、その友人や兄弟姉妹、家族が参加しています。また、警察職員の他、少年警察ボランティア、若樫サポーター(大学生ボランティア)、居場所づくり協力者(警察が指定したボランティア)が、少年たちと一緒に各種活動をします。
 警察では2011年度に環境美化・社会奉仕活動(海岸清掃、道路清掃、花苗植え)、料理体験(ケーキ、ピザ、焼そば作り)、農業体験(芋堀り)、学習支援(長期休業時の宿題、学校授業内容の復習)、スポーツ活動(バドミントン、ソフトバレー、サッカー、ボウリング等)の居場所づくり活動を実施しました。
 参加した少年達からは「最初は初めて会うボランティアの人に緊張したけど、いろいろな人と話が出来て楽しかった」「自分たちのためにこの場を設定してくれたことがうれしかった」「知らない人から『ありがとう、ご苦労様』と声をかけてもらって、恥ずかしかったけど、うれしかった」といった感想が聞かれ、居場所づくり活動は少年が「新しい自分を発見して、一歩踏み出す」ために、効果的な活動となっています。
 警察では、居場所づくりに協力してくれる方を「居場所づくり協力者」に指定して、色々な活動をしていただいています。
 皆様の中で「子どもたちのために農作業を体験させてあげられる」「料理や工芸等を指導できる」「スポーツやレクレーション活動をできる」という方は、四日市南警察署の北勢少年サポートセンター(TEL059・355・0110内線285)まで、お知らせください。
 時代を担う子どもたちが健やかに育つために、皆様のご協力をよろしくお願いいたします。

最新号の記事
連載
バックナンバー
四日市最新ニュース
チラシ折込み
お問い合わせ
トップページ



【主な配布エリア】
ときわ地区│中部地区│川島地区│桜地区│日永地区│四郷地区│海蔵地区│内部地区│三重地区│羽津地区│橋北地区│大矢知│富洲原│塩浜│楠│富田│あがた│八郷│下野│保々