【連載:四日市南署だより】三重県四日市市のタウン紙『タウン情報YOU四日市』

タウン情報YOU四日市トップページ > 連載一覧 > 四日市南署だより >「年末昨年の情勢と新年の抱負

「年末昨年の情勢と新年の抱負

四日市南署長  吉水幸宏

 あけましておめでとうございます。皆様には輝かしい新年をお迎えのことと存じ、お慶び申し上げます。
 昨年は3月の東日本大震災、9月の台風12号による紀伊半島大水害等未曽有の被害に国民が自然の驚異を目の当たりにし、改めて「絆」の大切さを痛感し、手を携えて立ち向かった年でありました。
 現在もその厳しい情勢は継続しており、少しでも早い被災地の復興を願わずにはいられない思いであります。
 さて、当署の犯罪の抑止・検挙面では刑法面の認知件数を2591件と一昨年よりも124件(4・6%)減少させ、一方検挙件数では1067件と前年比50件(4・9%)の増加と抑止と検挙双方で成果をみたところであり、特に検挙では3月及び8月に発生したコンビニ強盗事件をスピード検挙し、事件を解決しました。
 また、暴力団排除活動では、県及び市の暴力団排除条例施行後の5月20日、暴力追放三泗地区市民大会と暴力追放三重県民大会を同時開催して、条例の周知のための広報を行うなど、さまざまな機会を得て啓発を推進したところです。
 交通関係では交通事故死者は8人となり、前年対比では6人の増加になりましたが、7月13日から100日以上の抑止で一定の歯止めをかけたところです。しかしながら人身事故、物件事故も増加しており、継続して対策を推進中であります。
 交通死亡事故と振り込め詐欺のいずれの被害者も高齢者が多いことから、反射材による夜間の事故防止~ピカット作戦、振り込め詐欺をきっぱり断る~キッパリ作戦の「ピカット・キッパリ作戦」を当署独自に重点対策として立ち上げ、ピカット君、キッパリさんのマスコットキャラクターによる啓発等強力に推し進めたところです。

2012年の取組み

 刑法犯の認知件数は減少し、一定の抑止効果をあげているところですが、自動車盗、カーナビなどの部品ねらい等の犯罪は多発傾向にあり検挙と抑止が急がれる状況です。
 身近な犯罪である街頭犯罪は多発傾向にあることから、本年はこれらの多発する犯罪に重点指向した取組みを推進して参ります。
 交通関係では、高齢者、子どもなどの交通弱者を対象とした各種重点対策の推進、飲酒運転の取締り強化など悪質危険違反の取り締まりや街頭監視活動を推進して交通死亡事故の抑止を図っていくことにしております。
 なお、「ピカット・キッパリ作戦」は本年も引き続き展開していくこととしております。
 本年もこれまで同様に警察活動へのご理解、ご支援をお願いいたします。

最新号の記事
連載
バックナンバー
四日市最新ニュース
お問い合わせ
トップページ



【主な配布エリア】
ときわ地区│中部地区│川島地区│桜地区│日永地区│四郷地区│海蔵地区│内部地区│三重地区│羽津地区│橋北地区│大矢知│富洲原│塩浜│楠│富田│あがた│八郷│下野│保々