【連載:四日市南署だより】三重県四日市市のタウン紙『タウン情報YOU四日市』

タウン情報YOU四日市トップページ > 連載一覧 > 四日市南署だより >「ピカット・キッパリ作戦」実施中

「ピカット・キッパリ作戦」実施中

~ピカット安全・キッパリ安心~

  四日市南警察署では、高齢者の交通死亡事故抑止や振り込め詐欺等の被害防止のため、各種対策を実施しているところではありますが、本年5月末現在、当署の交通事故死者5人がすべて交通弱者(歩行中4人、自転車乗車中1人)で、歩行中の死者4人のうち、3人は夜間における事故であり、また、県内の交通死亡事故についても、37人中、高齢者の方が20人と高い比率で被害に遭っています。
 さらに振り込め詐欺については、5月末現在、当署では、2件発生しています。そのうち、高齢者を狙った還付金等詐欺被害が1件、約250万円の被害を受けております。また、県内では、振り込め詐欺被害は、33件、約3670万円の被害が発生。そのうち、還付金等詐欺については、発生11件中、すべて被害者の方が60歳以上の女性であることから、いずれも極めて憂慮される状況にあります。
 そこで、当署では、今後一層、交通弱者や高齢者に対する交通死亡事故抑止及び振り込め詐欺の発生を抑止するため、6月1日から「ピカット・キッパリ作戦~ピカット安全・キッパリ安心~」と銘打ち、諸対策の推進を図っております。

ピカット・キッパリ作戦

1.ピカット作戦
ア、目的
 夜間の交通死亡事故を減少させるため、夜間における交通弱者を対象に、直接現場で反射材を着装していただくなどして、夜光反射材の着用を促進することで、交通弱者の安全確保及び交通安全意識の高揚を図るものです。
イ、実施内容
 「ピカット」とは、その言葉どおり「夜光反射材の反射」を表したもので、夜間の街頭活動時に歩行中、自転車の交通弱者のうち、
○黒っぽい服装の方
○高齢者
 リフレクターが未装着又は劣化している自転車を対象に、「反射材」を単に配布するのではなく、
○現場での着装 
○反射材の効果についてのワンポイント説明を行い、「反射材着装の習慣化、マナー化」を図ろうとするものです。

2.キッパリ作戦
ア、目的
 キッパリとは、「言動や態度をはっきりさせること」であり、振り込め詐欺(還付金詐欺・オレオレ詐欺等)の電話があった際に、高齢者自らが、早い段階でキッパリと断り、詐欺被害に遭わないようにするため、チラシ等による広報や講話など、あらゆる機会を通じて高齢者に警戒心を高めてもらうものです。
イ、実施内容
 キッパリ作戦は、キャッチフレーズをもとに、高齢者に対し推進していくもので、高齢者でも認識しやすいものとして、当署独自に、下記「キッパリ6則」を策定し、広く広報啓発活動を推進して注意喚起をしていくものです。

 「キッパリ6則」
○還付金のうまい話は、キッパリ「断る」
○通帳を持っていることを、キッパリ「教えない」
○他人に通帳などを、キッパリ「渡さない」
○ATMに呼び出されても、キッパリ「行かない」
○慌てず、キッパリ「振り込まない」
○おかしいと思えば、キッパリ「電話を切る」

最新号の記事
連載
バックナンバー
四日市最新ニュース
チラシ折込み
お問い合わせ
トップページ



【主な配布エリア】
ときわ地区│中部地区│川島地区│桜地区│日永地区│四郷地区│海蔵地区│内部地区│三重地区│羽津地区│橋北地区│大矢知│富洲原│塩浜│楠│富田│あがた│八郷│下野│保々