【連載:四日市南署だより】三重県四日市市のタウン紙『タウン情報YOU四日市』

タウン情報YOU四日市トップページ > 連載一覧 > 四日市南署だより >秋の全国交通安全運動

秋の全国交通安全運動


交通第一課長 辻川薫

 9月21日(火)から30日(木)まで、「秋の全国交通安全運動」が実施されます。
 県内の交通事故死者数の半数以上(57.7%、今年1月~8月)が高齢者の交通事故によるものであることから、「高齢者の交通事故防止」を運動の基本として活動を展開します。
     ◇
1.夕暮れ時と夜間の歩行中・自転車乗車中の交通事故防止(特に反射材用品などの着用推進)
 日没時間の早まりとともに、夕暮れ時から夜間にかけての時間帯における交通事故の多発が懸念されることから、歩行者と自転車利用者の交通事故抑止のための対策を推進します。
 夜間に外出する際は、反射材などを身に着けるようにしましょう。
2.すべての座席でのシートベルト・チャイルドシートの正しい着用徹底
 「チャイルドシートベルト着用推進モデル幼稚園」の指定、高齢者を対象としたシートベルト着用モデル地区の指定を推進します。
 シートベルト非着用者の致死率は、着用者の約13倍以上といわれています。
3.飲酒運転の根絶
 飲酒運転は、死亡事故など重大な事故につながる悪質・危険な行為であり、絶対に無くす必要があります。しかしながら、依然として飲酒運転による事故で多くの尊い命が失われています。
 無くならない理由の一つには、飲酒運転を助長する者がいることが挙げられます。飲酒運転をする恐れがある人に酒や車両を提供する行為、要求・依頼して飲酒運転されている車に同乗する行為に対し、厳罰が科せられました。飲酒運転は、しないことはもちろん、助長する行為の取り締まりを推進します。
     ◇
 また、当署管内では2月18日以降、「交通死亡事故の発生ゼロ」となっています。これを1日でも長く継続させたいと考えておりますので、ご協力よろしくお願いいたします。

最新号の記事
連載
バックナンバー
四日市最新ニュース
チラシ折込み
お問い合わせ
トップページ



【主な配布エリア】
ときわ地区│中部地区│川島地区│桜地区│日永地区│四郷地区│海蔵地区│内部地区│三重地区│羽津地区│橋北地区│大矢知│富洲原│塩浜│楠│富田│あがた│八郷│下野│保々