【連載:四日市南署だより】三重県四日市市のタウン紙『タウン情報YOU四日市』

タウン情報YOU四日市トップページ > 連載一覧 > 四日市南署だより >交通安全「見える・見せる」運動を展開

市民の安全安心を確保

四日市南署長 脇谷弘正

四日市南署長
脇谷弘正

 今春、県警本部警備部長から四日市南署長に赴任して来た脇谷です。北勢地域での勤務は初めてですし、県内最大都市の四日市市の中心部を管轄する責任の重大さを痛感しております。
 今号では、まず私から管内の最近の治安情勢の概況を述べ、次号からは担当幹部が各部門別の具体的な情勢や対策について説明させていただきます。

街頭犯罪を抑止

 当署管内の昨年中の全刑法犯の認知件数は3522件で、前年より254件、7.8%増えました。特に、侵入窃盗、自転車盗、ひったくり、車上ねらい、自転車・オートバイ盗など、市民に身近な「街頭犯罪」が増加しました。振り込め詐欺は前年より大幅に減ったものの、依然、被害総額が約1100万円にも達しました。
 警察は強盗などの重要犯罪はもちろん、街頭犯罪の抑止、検挙にも力を注ぎます。交番や駐在所などの地域警察官には「軽微な違法行為でも見逃さないよう」指示します。
 市民の皆さんにも、全国的に広まった「青色回転灯の防犯パトロール」のように、自主防犯活動への取り組みを、より以上に強めていただくようお願いします。

取り締まりを徹底

 3年ぐらい前から交通死亡事故が大幅に減り始めましたが、昨年は交通事故総数が6783件と前年と同数になり、このうち人身事故は前年より64件増えて1389件と、再び厳しい情勢になりました。特に死亡事故は、前年よりも1人多い8人と増加傾向で、今年もすでに前年より1人多い2人の犠牲者が出ています。
 これを踏まえて、「春の全国交通安全運動」を繰り広げ、重大事故に直結する飲酒、無免許、速度超過といった悪質で危険な違反行為の取り締まりも強化しました。今後も、高齢者や子どもに対する啓発活動を積極的に推進し、より厳重な取り締まりを図ります。

警察の使命

 以上のような治安情勢の下、私以下約250人の署員が一丸となって、市民の皆さんの安全と安心を確保するため、熱い情熱と使命感をもって取り組んで参ります。何とぞご支援のほど、よろしくお願いします。

最新号の記事
連載
バックナンバー
四日市最新ニュース
チラシ折込み
お問い合わせ
トップページ



【主な配布エリア】
ときわ地区│中部地区│川島地区│桜地区│日永地区│四郷地区│海蔵地区│内部地区│三重地区│羽津地区│橋北地区│大矢知│富洲原│塩浜│楠│富田│あがた│八郷│下野│保々