【連載:四日市南署だより】三重県四日市市のタウン紙『タウン情報YOU四日市』

タウン情報YOU四日市トップページ > 連載一覧 > 四日市南署だより >件数減だが死者増 昨年の県内の交通事故

件数減だが死者増 昨年の県内の交通事故

稲葉幸弘警視

交通官
稲葉幸弘警視

 2009年中の県内の交通事故は、総件数は減ったものの死者は2人増えて112人に達しました。
  交通事故で亡くなった人の6割近くが65歳以上で、前年より9人増えて65人になりました。歩行者や自転車などのいわゆる交通弱者の被害が目立ちます。
  飲酒運転による死亡事故は3件減って7件で、法改正や取り締まりの成果があったと思われます。
  シートベルトを着用しないで亡くなった人が、死者44人のうち31人もいました。着けていれば助かったかも知れない人は21人と推定されています。
  四日市南署管内でも前年より1人多い8人が亡くなりました。高齢の死者が多く、交通弱者の犠牲も多いなど、県全体と同じ傾向です。飲酒運転が原因のものは1件で前年と変わらず、シートベルトをしていなかった死者は2人と1人増えました。
  交通事故の犠牲者を1人でも減らすために、当署でも交通指導や取り締まりを徹底し、各行政機関や関係諸団体とも連携し、より効果的な広報啓発活動を進めます。

最新号の記事
連載
バックナンバー
四日市最新ニュース
お問い合わせ
トップページ



【主な配布エリア】
ときわ地区│中部地区│川島地区│桜地区│日永地区│四郷地区│海蔵地区│内部地区│三重地区│羽津地区│橋北地区│大矢知│富洲原│塩浜│楠│富田│あがた│八郷│下野│保々