【連載:四日市南署だより】三重県四日市市のタウン紙『タウン情報YOU四日市』

タウン情報YOU四日市トップページ > 連載一覧 > 四日市南署だより > 自転車盗に注意

自転車盗に注意
 

犯罪総数は減少
  四日市南署管内の犯罪発生件数は2003年から減少を続け、07年の刑法犯認知件数は5068件で、02年からみるとほぼ半減しました。08年度も前年同期(6月末現在)比265件減で、犯罪の総数は確実に減っています。これは社会情勢にもよりますが、青色回転灯の導入にみられるような、市民の防犯意識の高まりが大きく貢献していると思います。

自転車盗に注意
  しかし、全国的にはいろいろな犯罪が伝えられ、市民に身近な犯罪もまだまだあとを絶ちません。その中で目立つのは市内で自転車盗が減らないことです。自転車だけなら大した被害とは思われないかも知れませんが、その自転車を別の犯罪に使ったり、犯人がその後次々と犯罪に走ったり、大きな犯罪のきっかけになる恐れがあります。このことから、自転車盗を防ぐだけでも社会全体の治安維持に役立つことになる、といえます。
  そのために、1.駐輪時は複数の鍵をかける、2.自宅でも外出先でも駐輪場所を選ぶ、3.防犯登録をする―などに注意、自転車盗は絶対に許さないとの気持ち忘れないで下さい。

振り込め詐欺も
  最近増えているのが「振り込め詐欺」で、全国の警察が対策に取り組んでいます。よく知られている犯罪なのに、被害者は犯人の巧妙な口車に乗せられ、スーパーなどの現金自動預払機(ATM)を操作させられ、知らないうちにお金を振り込まされます。
  この被害防止に最も有効なのは、前もって家族でよく話し合っておくことです。ATMの操作を指示されたり、振り込めといわれたりした場合は、まず身近な人に相談することです。
  警察官や銀行員が相談を受けた場合は、必ず秘密は守られ、相談者が不利になるようなことは絶対にありません。「とにかく相談」を肝に銘じて置くようお願いします。

捜査協力のお願い
  警察活動(捜査)、特に防犯活動は、市民の皆さんの協力がないと、スムーズに進みません。自転車盗の通報や不審電話の相談といった小さなことでも、犯罪抑止に大きく役立ちます。住みよい街をつくっていくために、捜査協力をお願いいたします。

最新号の記事
連載
バックナンバー
四日市最新ニュース
お問い合わせ
トップページ



【主な配布エリア】
ときわ地区│中部地区│川島地区│桜地区│日永地区│四郷地区│海蔵地区│内部地区│三重地区│羽津地区│橋北地区│大矢知│富洲原│塩浜│楠│富田│あがた│八郷│下野│保々