【連載:四日市南署だより】三重県四日市市のタウン紙『タウン情報YOU四日市』

タウン情報YOU四日市トップページ > 連載一覧 > 四日市南署だより > 安全と安心に全力

安全と安心に全力
 
  四日市南警察署地域課は、課長以下八十四人で、7つの交番、5つの駐在所を活動拠点に、安全で安心なまちづくりに取り組んでいます。前回に引き続き四郷交番と常磐交番の活動状況を紹介したいと思います。
  「四郷交番」(木本高郎所長以下九人、うち女性警察官二人、交番相談員一人)
  四郷交番は、2003年4月に、高花平駐在所、笹川駐在所、室山駐在所、日野駐在所の4駐在所を統合して設置された新しい交番で、外観もモダンな建物です。
  刑法犯の発生は、本年1~8月で165件を認知(昨年同期対比でマイナス33件)しており、四日市南署管内の交番では4番目に多い件数ですが、地域の皆さんの防犯活動等により、着実に減少傾向にあります。
  交通事故は、幹線の笹川通りを中心に、1~7月で人身事故59件、物件事故262件の計321件の発生がありましたが、高齢者が負傷する事故が多いのが気になります。
  また、笹川地区では、ここ数年ブラジル人を主とした外国人の居住が急増、今では、登録上三千人が居住し、県内有数の外国人居住地区となっておりますが、生活習慣の違いや、言葉が通じないために各種のトラブルが発生しています。
  このような現状から、四郷交番には、特にポルトガル語が堪能な警察官等二人を配置し、言葉が通じないことが原因で発生するトラブルの対応や、ポルトガル語の「交番だより」等の発行を行っており、地域の皆さんやブラジル人から好評を得ております。
  「常磐交番」(石井康久所長以下九人、うち女性警察官二人、江南相談員一人)
  常磐交番は、1996年3月にときわ3丁目から現在の場所に新築移転されました。
  管内は、四日市の郊外部分で旧来からの一般住宅が多い地区ですが、近年、分譲住宅やアパート・マンション等が急増し、人口増加が最も激しい地域で、近隣都市のベットタウン化が顕著となっており、管内には、四日市南署管轄内で最も児童、生徒数が多い常磐小学校、常磐中学校があります。
  犯罪の発生状況は、本年1~8月の刑法犯認知件数が306件(昨年同期比マイナス92件)で、四日市南署管内では3番目に多い件数ですが、地域の皆さんの防犯活動等のおかげで、数年連続して減少しております。しかし、空き巣狙い、車上狙い、部品狙いが他の地区よりたくさん発生しており、用心が必要です。
  一方、交通事故は、本年1~7月の発生が、人身事故125件(負傷者百六十二人)、物件事故460件の計585件で、総数は減少傾向ですが、依然と高い発生件数です。
  負傷者はやはり高齢者が多いのですが、他に比べて幼児や小中学生、高校生の負傷者が多く、特に高校生が一人死亡する事故も発生しており、気になるところです。
  常磐交番では、これらの犯罪情勢を踏まえて、昼間、夜間のパトロールを強化し、地域の皆さんとの協働パトロールを積極的に行うほか、女性警察官が、女性が被害者となる犯罪等に関する相談を受理し、アドバイスする「女性相談交番」を開設しておりますので、是非活用してください。
最新号の記事
連載
バックナンバー
四日市最新ニュース
お問い合わせ
トップページ



【主な配布エリア】
ときわ地区│中部地区│川島地区│桜地区│日永地区│四郷地区│海蔵地区│内部地区│三重地区│羽津地区│橋北地区│大矢知│富洲原│塩浜│楠│富田│あがた│八郷│下野│保々