【連載:悩んでいるお母さんへ 私の子育て体験】三重県四日市市のタウン紙『タウン情報YOU四日市』

タウン情報YOU四日市トップページ > 連載一覧 > 悩んでいるお母さんへ 私の子育て体験 >悩んでいるお母さんへ 私の子育て体験57

「あなたが大切」気持ち伝える

ときわ アクセサリー作家 佐藤さやかさん(44)

 高校3年、中学2年、小学5年の3人の息子がいます。家では互いにいたわり合うことを大切にしています。
 兄弟げんかをした時は、一呼吸置き、何が嫌だったのか、一人ずつ気持ちを聞き出します。自分の気持ちを聞いてもらうことで、子どもが穏やかな気持ちになれるからです。
 思春期なので心配なこともありますが、心配するより信頼するようにしています。「大丈夫だよ、何とかなるよ」とポジティブな言葉をかけます。良くないことをした時も、良くない所だけを注意し、人格を否定するようなことはしません。
 夫に子どもの愚痴を話す時は、子どもの問題点を話した後、「こんな良い所もある」とプラスの面を最後に付け加えます。夫は子どもと接する時間が私より少ないので、良くない情報だけを伝えると、子どもに間違った注意の仕方をしてしまうかもしれないからです。
 夫にも息子たちにも「私はあなたが大切です」という気持ちを伝えるようにしています。
 家庭は弱音をはける場所、家族は助け合うための共同体だと思っています。

最新号の記事
連載
バックナンバー
四日市最新ニュース
チラシ折込み
お問い合わせ
トップページ



【主な配布エリア】
ときわ地区│中部地区│川島地区│桜地区│日永地区│四郷地区│海蔵地区│内部地区│三重地区│羽津地区│橋北地区│大矢知│富洲原│塩浜│楠│富田│あがた│八郷│下野│保々