【連載:悩んでいるお母さんへ 私の子育て体験】三重県四日市市のタウン紙『タウン情報YOU四日市』

タウン情報YOU四日市トップページ > 連載一覧 > 悩んでいるお母さんへ 私の子育て体験 >悩んでいるお母さんへ 私の子育て体験㊻

悩んでいるお母さんへ 私の子育て体験㊻

笑って暮らせる環境を
曽井町 主婦 堀田可奈さん(42)

 子どもたち皆が笑って暮らせる未来のため、食の安全や環境、政治のあり方について学び、楽しく行動に移すグループ「とんがりぼうし」の活動をしています。
 24歳で結婚しましたが、すぐには子どもを授かりませんでした。周りの期待もあり、不妊治療をしました。5日間続けて排卵誘発剤を注射し、副作用にも耐えて妊娠、8か月まで仕事を続けました。出産後、私の体はボロボロでした。
 娘はアトピーがひどく、食べる物の制限がかなりありました。いい治療法が見つかり、すっかり良くなりましたが、妊娠、出産、子育てを通して、食べるものの大切さが身に染みました。何を食べるかを学ぶうちに、野菜や魚、肉となる動物がどういう環境で育ったのかということに関心を持ち、世の中の仕組みを学ぶ「とんがりぼうし」の活動を始めました。
 グループの打ち合わせが夜にあることも多く、なるべく子どもに寂しい思いをさせないよう、一緒に参加できるイベントには連れて行きます。震災の復興支援では、子どもも自分のおやつ代を貯めて寄付しました。無理のない範囲で自分に出来ることを考え、困っている人にも思いをはせることができるようになればと思っています。

最新号の記事
連載
バックナンバー
四日市最新ニュース
お問い合わせ
トップページ



【主な配布エリア】
ときわ地区│中部地区│川島地区│桜地区│日永地区│四郷地区│海蔵地区│内部地区│三重地区│羽津地区│橋北地区│大矢知│富洲原│塩浜│楠│富田│あがた│八郷│下野│保々