【連載:悩んでいるお母さんへ 私の子育て体験】三重県四日市市のタウン紙『タウン情報YOU四日市』

タウン情報YOU四日市トップページ > 連載一覧 > 悩んでいるお母さんへ 私の子育て体験 >悩んでいるお母さんへ 私の子育て体験㊹

悩んでいるお母さんへ 私の子育て体験㊹

一歩離れて見守る成長
子ども英語教室創愛Lepton教室 教室長 畑中千里さん(44)

 娘が高校の2年間、アメリカへ留学しました。小学生の時にも1か月ホームステイの経験があり、言葉が通じない苦労は理解した上で渡米しました。それでも、現地では想像以上につらかったようで、「帰りたい」と泣きながら電話してくることもありました。飛んで行って抱き締めてあげたいという思いに駆られましたが、娘が自分で決めた道なので励まし、ホストファミリーとも密に連絡を取り合って留学を続けました。
 アメリカでは、自分の意思を口にすることを強く求められ、文化の違いにも苦労したようです。しかし、親元を離れて自分で努力を重ね、たくさんの人と接した経験から、人を理解することができるようになり、大きく成長できました。
 ホストファミリーに招かれ、現地の高校の卒業に合わせて私も渡米し、2か月ほど日本を離れました。夫と受験生の息子を残して行くことに不安はありましたが、思春期の息子は母親と2か月離れたことでありがたみが分かり、私もガミガミ言わなくなり、息子との関係も良くなりました。
 子育ての最終目標は「子どもの自立」だと思います。先回りして心配するより、一歩離れて見守ることで子どもに自覚が芽生え、成長できると思っています。

最新号の記事
連載
バックナンバー
四日市最新ニュース
チラシ折込み
お問い合わせ
トップページ



【主な配布エリア】
ときわ地区│中部地区│川島地区│桜地区│日永地区│四郷地区│海蔵地区│内部地区│三重地区│羽津地区│橋北地区│大矢知│富洲原│塩浜│楠│富田│あがた│八郷│下野│保々