【連載:悩んでいるお母さんへ 私の子育て体験】三重県四日市市のタウン紙『タウン情報YOU四日市』

タウン情報YOU四日市トップページ > 連載一覧 > 悩んでいるお母さんへ 私の子育て体験 >悩んでいるお母さんへ 私の子育て体験

悩んでいるお母さんへ 私の子育て体験㊶

我が家のルール ぶれずに子育て
四日市市八王子町 植谷公代さん(73)

 子育てはもう卒業しましたが、近所の子どもたちによく話し掛けています。子どもが良くないことをした時はちゃんと注意します。その子が可愛いから、我が子と同じように接します。子どもたちも私の目を見てあいさつしてくれるようになりました。
 自分の子育て中は、感謝することを忘れないよう子どもに伝えてきました。服や靴を買ってもらって当たり前ではなく、お父さんが家族のために一生懸命働いていることをありがたいと感じるようにしたいと思っていました。
 今は小学生でも携帯電話を持っている子が多いと聞きます。みんなが持っているから買い与えるのではなく、「我が家のルール」が必要です。持っていないことでいじめに遭うようなら、どうしたらいいか家族で話し合いましょう。そうすることで、いざという時に自分で考える知恵がつきます。
 時代はどんどん移り変わりますが、子育ての原点となる大切なことは変わりません。「見ている人は見ている」と思い、どんな時でもぶれない子育てをすることが大事だと思います。

※YOU編集部では「私の子育て体験」への投稿を募集しています

最新号の記事
連載
バックナンバー
四日市最新ニュース
チラシ折込み
お問い合わせ
トップページ



【主な配布エリア】
ときわ地区│中部地区│川島地区│桜地区│日永地区│四郷地区│海蔵地区│内部地区│三重地区│羽津地区│橋北地区│大矢知│富洲原│塩浜│楠│富田│あがた│八郷│下野│保々