【連載:悩んでいるお母さんへ 私の子育て体験】三重県四日市市のタウン紙『タウン情報YOU四日市』

タウン情報YOU四日市トップページ > 連載一覧 > 悩んでいるお母さんへ 私の子育て体験 >悩んでいるお母さんへ 私の子育て体験㉖

悩んでいるお母さんへ 私の子育て体験㉖

成長が笑顔に
四日市市南小松町 自営業 田中嘉文さん(44)

 5年前、家事などしたことのない自分が、小1、年中の2人の娘と2歳の息子を抱えるシングルファーザーになった。何をどうしていいのかさっぱり分からず、苦悩する毎日だった。自分の時間は無くし、子どものために生きようと覚悟を決め、仕事も極限まで減らし、恥も外聞も無く子育て中心の生活が始まった。
 子どもたちが父子家庭であることを負い目に思わず、胸を張っていられる自慢できるパパになろうと頑張った。子どもの性格は1人ずつ違うので、その子に合った受け応えを心掛けた。
 息子はまだトイレトレーニングをしなくてはならなかった。役員会議などに行くのに子どもを置いていくこともできず、色々考え、いつも一緒に行動。「4人でひとつ」の形を心掛け、自然と一体感が生まれ、笑顔が絶えず何でも話せる家族の輪ができた。
 子どもに対してイライラする時は、深呼吸して自分自身を見つめ直し考える。子どもは自分の鏡だから、自分の中に原因があるはず。子どもは大人ほど言葉の意味を分からないことが多いのは当たり前。大人目線でしかるのではなく、細かくかみ砕いて子ども目線で根本を分かるまで話し合い、教えること。
 子どもの心の変化を見つけてやり、心から支えてあげれば、子どもも必ず自分で答えを出す。そこからの成長が、家族みんなを笑顔にする。それが今の自分の幸せとなっている。

最新号の記事
連載
バックナンバー
四日市最新ニュース
チラシ折込み
お問い合わせ
トップページ



【主な配布エリア】
ときわ地区│中部地区│川島地区│桜地区│日永地区│四郷地区│海蔵地区│内部地区│三重地区│羽津地区│橋北地区│大矢知│富洲原│塩浜│楠│富田│あがた│八郷│下野│保々