【連載:育児そうだん】三重県四日市市のタウン紙『タウン情報YOU四日市』

タウン情報YOU四日市トップページ > 連載一覧 > 育児そうだん >先生の話が聞けません。

先生の話が聞けません。

 Q. 5歳の年中の息子は、先生の話が聞けません。1対1であれば、話を聞いて、理解もできるのですが…。先生の話は、一番後ろか端っこで聞いているので、うわの空です。(四日市市東日野町 30代主婦)

  A. 「聞く」力は「学び」の礎_
 「聞く」ことは「話す・読む・書く」という言語活動の土台です。他者の考えや意見をしっかり聞き、自分の頭をくぐらせて取り入れていくことは、小学校以降の学力を伸長させるだけでなく、深い思考や豊かな生き方につながっていくのです。
 聞ける子は、親や周りの大人が子どもの話を聞いています。一日のうち、たとえわずかでもよいのでじっくりと子どもと向き合い、傾聴する時を持ってください。その際、根掘り葉掘りの追及はだめ。相づちを打ちながら聞くことです。
 また、時として子どもが耳を傾けたくなるような魅力的な話や楽しい話題での対話も必要。たわいのない内容でよいのです。落ち着いた雰囲気で絵本を読み聞かせることも、対話の役を果たします。無理をせずに「聞く」親を心がけましょう。

暁幼稚園
松永高弘園長
最新号の記事
連載
バックナンバー
四日市最新ニュース
チラシ折込み
お問い合わせ
トップページ



【主な配布エリア】
ときわ地区│中部地区│川島地区│桜地区│日永地区│四郷地区│海蔵地区│内部地区│三重地区│羽津地区│橋北地区│大矢知│富洲原│塩浜│楠│富田│あがた│八郷│下野│保々