【連載:育児そうだん】三重県四日市市のタウン紙『タウン情報YOU四日市』

タウン情報YOU四日市トップページ > 連載一覧 > 育児そうだん >登園児に大泣きします

登園児に大泣きします

 Q. 今春から3歳の子どもが幼稚園に入園しましたが、朝送って行く時に大泣きする日が1週間以上続いています。先生に無理やり離していただいていますが、このまま通園を続けて大丈夫でしょうか。(四日市市松原町 20代女性)

  A. 今までいつもお母さんのそばにいたお子さんが、お母さんから離れ、初めての集団生活に、寂しさや不安が入り混じって泣いてしまうこともあるでしょう。
 子どもが一歩踏み出すためには、保護者の方が思いを切り替えることが大切です。大泣きしているのに無理やり切り離されると、お母さんとしては辛いでしょうが、園の先生を信頼して預けてください。
 あまり心配しすぎると、お母さんの心配が子どもに伝わってしまいます。慣れるのに時間のかかる子もいますが、一日中泣いている子はいませんから、休ませないで送り出してほしいと思います。
 園から帰ったら、泣いていた子にはあまり園での話を聞き出したりせず、ひざの上で絵本を読んだり、ぎゅっと抱き締めてスキンシップを図り、お子さんを安心させてあげましょう。園では、一日も早くお子さんが集団生活に慣れるように対応していますので、泣いていても心配しないでお任せください。

富田文化幼稚園
松岡恵子副園長
最新号の記事
連載
バックナンバー
四日市最新ニュース
チラシ折込み
お問い合わせ
トップページ



【主な配布エリア】
ときわ地区│中部地区│川島地区│桜地区│日永地区│四郷地区│海蔵地区│内部地区│三重地区│羽津地区│橋北地区│大矢知│富洲原│塩浜│楠│富田│あがた│八郷│下野│保々