【連載:「ひと」育て 「企業」育て】三重県四日市市のタウン紙『タウン情報YOU四日市』

タウン情報YOU四日市トップページ > 連載一覧 > 「ひと」育て 「企業」育て >【株式会社ぷらいむ】美は「生きること」に直結

【株式会社ぷらいむ】美は「生きること」に直結

女性の人生変えるエステ
株式会社ぷらいむ
副社長
岩崎江里子さん

 女性の美を追求するエステティックサロン「Age(アージュ)グループ」を、全国展開する四日市市北浜田町の「株式会社ぷらいむ」副社長、岩崎江里子さん(48)。「女性が綺麗になることは生きることに直結する」という信念の下、スタッフが夢を持って仕事に臨める職場の環境づくりや、自立した女性になる人材育成に力を注ぐ。

 「綺麗にしてさしあげることで女性の人生を変えられるかもしれない」とエステの魅力を語る岩崎さん。24歳の時、同社社長の兄の仕事を手伝ったことがきっかけでエステの世界に入った。通う客の表情が明るくなったり、肌や体の悩みが改善されて喜ぶ姿に感動し、仕事にのめり込んでいったという。
 28歳で自社スタッフを指導する研修センターを社内に立ち上げ、センター長に就いた。自ら講師も務め、スタッフの技術や接客マナーなどの向上に取り組んだ。営業部長を経て、40歳で副社長に就任しスタッフを統括している。

3つのニコニコ

 同社は「お客さまニコニコ。スタッフニコニコ。会社ニコニコ」の「3つのニコニコ」をスタッフ育成の理念として掲げる。スタッフ誰もが分かりやすいようにと、あえて簡単な言葉を使い徹底させる。
 新人研修では、エステの技術、肌や体の知識の習得だけではなく、気遣いや思いやり、感謝の気持ちを持つことなど、内面的なことの大切さを伝える。研修システムの充実で、スタッフの定着率も上がった。
 各店舗では、先輩スタッフが技術的なことから言葉遣い、振る舞いまで、プロとしての姿を見せることで、新人スタッフも自然にその環境に染まっていくという。
 部下の成長を、上司が心から喜ぶ環境の中で、皆が自然とレベルアップを望み、自分の技術や知識を磨いていく。店長になりたいといった夢も膨らみ、長く続けたいと結婚や出産後も仕事に復帰するスタッフも増えた。
 「スタッフを育てることは、子どもを育てることと一緒」と話す岩崎さん。家庭や地域で子どもが育っていくように、店を任されても自立できる力を養う。そしてエステティシャンとして成長した女性が社会に貢献し、家庭でも良い妻、良い母になることを願う。

乳がんの早期発見願う

 岩崎さんが入社した頃、仕事を指導してくれ、母のように慕っていた店長が乳がんを患った。「もっと皆と働きたい」と言いながら亡くなる姿を間近で見た。その悔しさを繰り返したくないという思いで5年前から、同社はピンクリボン活動に取り組んでいる。
 「女性の体に直接触れる者として責任がある。早期発見できたら…」と願い、店舗で客に検診を呼び掛ける他、乳がん検診啓発イベントに積極的に参加。さらに、万が一、乳がんなどになった時に備えた「Age女性保険」を始めた。

自分を好きに

 昨年、東日本大震災の被災地のボランティアにも参加し、メイクをしたところ、口紅一つで、女性の表情に元気が戻ったことを目の当たりにし「綺麗になることは、生きることに直結する」と再認識した。
 「女性は綺麗になって、自信を持つと、自分を好きになる。それが究極のアンチエイジング(老化防止)ではないでしょうか」と熱く語る岩崎さん。エステの国際資格を次々と取得してレベルアップを惜しまず、「女性の美」をかなえようと挑戦し続けている。

株式会社ぷらいむ
四日市市北浜田町7-20
【資本金】4,800万円
【従業員数】140人

最新号の記事
連載
バックナンバー
四日市最新ニュース
お問い合わせ
トップページ



【主な配布エリア】
ときわ地区│中部地区│川島地区│桜地区│日永地区│四郷地区│海蔵地区│内部地区│三重地区│羽津地区│橋北地区│大矢知│富洲原│塩浜│楠│富田│あがた│八郷│下野│保々