【連載:子どもの本を読む】三重県四日市市のタウン紙『タウン情報YOU四日市』

タウン情報YOU四日市トップページ > 連載一覧 > 子どもの本を読む。【一覧】 > ねずみ女房

『ねずみ女房』
 
『ねずみ女房』
福音館書店 1,260円
ルーマー・ゴッデン 作
W・P・デュボア 画
石井桃子 訳
  ねずみ女房は、ときどきぼんやりと窓の外を眺めている。家ねずみというものは、いつも家の中のことだけ、今日のチーズのこと、子どもたちや夫のことを考えていればよいのだった。
  ところが、ある日、家にやってきたカゴの中のハトのことが気になりはじめる。捕らわれのハトのえさの豆をいただくために、ハトのカゴに入ったねずみ女房は、何も食べないハトが少しずつ心配になって、話しかけるのである。
  夫に嫉妬されながらも、ねずみ女房は、外の世界のすばらしさ、飛ぶということの感動を少しずつ理解していくのだった。
  後半の数ページは、大人である読者には、たまらない言葉の連続である。
  ねずみ女房が流す、あわつぶほどの小さな涙のことは、子どもにはわからないかも知れない。なのに、この一冊は、子どもの本としてながく読み継がれている。
  そう、子どもの本には、ながく生きた大人の想いがたっぷりつまっているのだ。
最新号の記事
連載
バックナンバー
四日市最新ニュース
チラシ折込み
お問い合わせ
トップページ



【主な配布エリア】
ときわ地区│中部地区│川島地区│桜地区│日永地区│四郷地区│海蔵地区│内部地区│三重地区│羽津地区│橋北地区│大矢知│富洲原│塩浜│楠│富田│あがた│八郷│下野│保々