【連載:子どもの本を読む】三重県四日市市のタウン紙『タウン情報YOU四日市』

タウン情報YOU四日市トップページ > 連載一覧 > 子どもの本を読む。【一覧】 > アストンの石

『アストンの石』
 
『アストンの石』
小峰書店 1,470円
ロッタ・ゲッフェンブラード 作
菱木晃子 訳
  落ち葉が風に舞う、ある秋のばん、アストンは、冷たく光っている石ころがかわいそうになり、ママの買い物袋にこっそり入れる。少しずつ冬になっていく。外に出かけるたびに、アストンは石を拾ってくる。石を毛布でくるんだり、お風呂に入れたり、いつの間にか、家の中は石でいっぱい。
  困ってしまったのは母と父である。しかし、この絵本のすばらしさは、この困った顔の描き方にある。困っているのだが、母はいつもギターを弾いており、父はあみ物をしているのだ。どのページでも、母はギターを離さず、父はあみ物。
  父の思いつきにより、石たちを連れて、ピクニックに行くことになり、水辺で父は「どうだい、アストン?ここには、おおぜい、石のなかまがいるだろう。おまえの石たちも、ずっと、ここにいたんじゃないかな.....」
  さあ、父の説得はどうなるのか。母は木の下で相変わらずギターを弾いて歌っている。なんてすばらしい。このおおらかな世界。ラストは最高、読んでからのお楽しみ。
最新号の記事
連載
バックナンバー
四日市最新ニュース
チラシ折込み
お問い合わせ
トップページ



【主な配布エリア】
ときわ地区│中部地区│川島地区│桜地区│日永地区│四郷地区│海蔵地区│内部地区│三重地区│羽津地区│橋北地区│大矢知│富洲原│塩浜│楠│富田│あがた│八郷│下野│保々