【連載:子どもの本を読む】三重県四日市市のタウン紙『タウン情報YOU四日市』

タウン情報YOU四日市トップページ > 連載一覧 > 子どもの本を読む。【一覧】 > あかちゃんのゆりかご

『あかちゃんのゆりかご』
 
『あかちゃんのゆりかご』
偕成社 1,470円
レベッカ・ボンド 作
さくまゆみこ 訳
 もうすぐ、あかちゃんが生まれるよ。世界のどこかで、いま、この瞬間に、たくさんのあかちゃんが生まれている。お母さんになる人はもちろん、まわりの誰もが、あかちゃんの誕生を待ちこがれている。
  『あかちゃんのゆりかご』は、あかちゃんが生まれてくるのを、家族みんなで、楽しみに待つ、という絵本である。
  お父さんは生まれてくるあかちゃんの木のゆりかごを作る。そのゆりかごにペンキをぬって素敵な動物たちを描いたのはおじいちゃん。そのベッドカバーを小さな布をぬい合わせて作ったのはおばあちゃん。おにいちゃんは、ベッドの上につるすモビールを作る。
  最後にはお母さん。「なんてすばらしいゆりかごなんでしょう。でも、まだなにかがたりないわね。」お母さんはゆりかごをそっと窓のそばへもっていく。さあ、何が足りなかったのかは、読んでからのお楽しみ。
  誇らしげなお腹の大きなお母さんの笑顔。ページごとの絵の細部は、眺めるたびに発見がある。見返しのパッチワークの小さな布の一枚一枚がみんな、誰かさんの着ている洋服の柄になっているのだ。
最新号の記事
連載
バックナンバー
四日市最新ニュース
お問い合わせ
トップページ



【主な配布エリア】
ときわ地区│中部地区│川島地区│桜地区│日永地区│四郷地区│海蔵地区│内部地区│三重地区│羽津地区│橋北地区│大矢知│富洲原│塩浜│楠│富田│あがた│八郷│下野│保々