.

【第139号(2018年1月13日発行) 9面】三重県四日市市のタウン紙『タウン情報YOU四日市』

タウン情報YOU四日市トップページ > タウン情報YOU四日市発行一覧 > 第139号(2018年1月13日発行)記事 >9面

第139号(2018年1月13日発行)記事 9面

保護活動で文科大臣賞 四日市西高・自然研究会

 環境庁などが主催する「第52回全国野生生物保護実績発表大会」で、巣箱掛けでフクロウの子育て支援をしている県立四日市西高校(四日市市桜町)の自然研究会が文部科学大臣賞を受賞した=写真。
 1966年から開かれている同大会は、野生生物の調査や保護を行う全国の学校や団体が、活動を通して得た経験や活動状況を発表し、野生生物保護への関心を深めることを目的としている。
 同研究会は三重県知事の推薦を受け、11月に東京で開かれた同大会に参加。2年生で部長の末永雄貴君と、1年生の大西一生君、河北実夕さんが、部員たちが鈴鹿山麓の森に掛けた巣箱を利用したフクロウの繁殖や生態の研究、学童保育所など多くの場で講座を開き情報発信をした体験について発表した。
 末永君が指示し、緊張を和らげるなど後輩2人を支えたといい、河北さんは「活動の必要性を伝えたいという思いに意識を集中し、緊張を乗り越えた」、大西君は「フクロウの魅力や生態を正しく理解し、この活動を全国に広げていきたい」と意気込みを語った。顧問の丹下浩教諭(47)は「フクロウの保護だけではなく、四日市の生物多様性のある環境を次世代につなげていきたい」と語った。

このページのトップへ

※掲載内容は取材時によるものです。詳細は、各施設・店舗にお問い合わせください。

最新号の記事
連載
バックナンバー
四日市最新ニュース
チラシ折込み
お問い合わせ
トップページ



【主な配布エリア】
ときわ地区│中部地区│川島地区│桜地区│日永地区│四郷地区│海蔵地区│内部地区│三重地区│羽津地区│橋北地区│大矢知│富洲原│塩浜│楠│富田│あがた│八郷│下野│保々