【第137号(2017年11月4日発行) 4面】三重県四日市市のタウン紙『タウン情報YOU四日市』

タウン情報YOU四日市トップページ > タウン情報YOU四日市発行一覧 > 第137号(2017年11月4日発行)記事 > 4面

第137号(2017年11月4日発行)記事 4面

孫育て講座「じいにまかせとき!」スタート 参加者募る


一緒に工作を楽しむ小林さんと孫の小島さん=四日市市本町で

シニアサークル「男の囲炉裏端の会」が運営

 「かわいい孫に大うけだ!」がコンセプトの、シニア男性向け孫育て講座「じいの出番だ!まかせとき!」が、このほど四日市市本町の市男女共同参画センター「はもりあ四日市」で始まった。
 講座を企画・運営するシニアサークル「男の囲炉裏端の会」代表の志田米蔵さん(71)は「我々の年代は子育てに関わってこなかった人も多く、遊び方が分からない。孫と触れ合うきっかけを学び、『おじいちゃん、すごい!』と思われたい」と話す。
 10月7日の初回は、孫を連れての受講が可能だったため、男性5人と孫2人が、元小学校音楽教諭の市川美智子さん(60)の指導で歌と簡単な楽器作りに挑戦した。数字を使った絵かき歌では、同市北町の小林義周さん(77)が孫の小島梨花さん(9)の絵を見て「目をつけたの。可愛いね」と優しくほほ笑んでいた。
 次に、飲み物の容器やティッシュの空箱など、家にある材料でマラカスやギターのような楽器を作り、合奏したり歌ったりしてほのぼのとした時間を過ごした。同中野町の市川三郎さん(65)と孫の悠乃さん(5)は、いつも市川さんのギターに合わせて遊んでいるそうで、「家でも合奏しようね」とニッコリ。
 講座は全3回の連続(通し)講座だが、同センターでは残り2回の参加者を募集している。対象は市内在住の60歳以上の男性。参加費は2回通して千円。2、3回目の内容は次の通り。
 ▽11月25日(土)午前9時半から午後0時半「大好き!じいのからあげ丼」
 ▽12月9日(土)午前10時から正午「紙芝居と絵本の読み聞かせの体験講座」
 問い合わせ、申し込みは同センター 電話059・354・8331へ。

このページのトップへ

消防車に乗って分列行進 「こども隊長」募る 四日市市消防本部


消防士と写真を撮る子ども隊長(提供写真)

 四日市市消防本部は、2018年1月7日(日)に四日市ドーム(同市羽津甲)とその周辺で実施する「四日市市消防出初式」で、消防士と一緒に消防車に乗って分列行進に参加する「こども隊長」を募集している。
 対象は同市、朝日町、川越町在住の5歳から12歳(05年4月2日から13年4月1日生まれ)の子どもで、定員は19人。参加希望者は、11月20日(月)から12月8日(金)までの間に、市消防本部か管内の各消防署の受付窓口で配布している申込書に必要事項を記入し提出するか、郵送(〒510‐0087四日市市西新地14の4)で同本部へ郵送する。申込書は市消防本部ホームぺージ(http://www.city.yokkaichi.mie.jp/syoubou/)からもダウンロードできる。電話での申し込み、団体応募は不可。応募多数の場合は抽選で、当選者には12月15日(金)に電話で通知する。
 問い合わせは市消防本部消防救急課 電話059・356・2004へ。

このページのトップへ

力強い泳ぎ披露 五輪選手も参加


 水泳の普及や発展を目的とした、四日市水泳協会主催のイベント「第2回スイムミートin四日市」が10月22日、四日市スミングクラブ(四日市市日永1)で開かれた=写真。
 年齢区分別で、自由形、背泳ぎ、平泳ぎ、バタフライの各50メートルなどを実施。当日は台風の影響で競技時間の変更などがあったものの、4歳から76歳まで力強い泳ぎを披露した。
 大会には特別ゲストとして、リオデジャネイロ五輪200メートル個人メドレーで4位に入賞した藤森太将さん(ミキハウス所属)も参加し、開会式では「皆さんと一緒に大会を盛り上げます」とあいさつ。50メートルバタフライ、平泳ぎ、自由形それぞれに出場し注目を集めていた。

このページのトップへ

秋の防火訓練 中央学童保育所


水消火器を使う参加者=四日市市北条町で

 火災予防や救急に関する意識を高めてもらおうと、中央学童保育所(四日市市北条町)はこのほど、秋の防火訓練を実施し、同保育所に通う児童や指導員らが参加した。
 10月7日の訓練で、児童らは最初に「もし火事を見つけたら」という状況を想定し、市消防団常磐分団の分団員から教わりながら水消火器を使って消火を体験。園庭には消防車を展示し、内部を見学したり、防火服を着たりしていた。
 後半は、高学年を対象にAEDの講習を実施。分団員から「命を救うためにできることがあると学んでほしい」と話を聞き、訓練用の人形を傷病者に見立て、機器を使いながら指導を受けた。小田忍施設長は「低学年はとても興味を持って質問し、何度か経験している高学年は落ち着いて訓練に参加していました」と話した。

このページのトップへ

※掲載内容は取材時によるものです。詳細は、各施設・店舗にお問い合わせください。

最新号の記事
連載
バックナンバー
四日市最新ニュース
チラシ折込み
お問い合わせ
トップページ



【主な配布エリア】
ときわ地区│中部地区│川島地区│桜地区│日永地区│四郷地区│海蔵地区│内部地区│三重地区│羽津地区│橋北地区│大矢知│富洲原│塩浜│楠│富田│あがた│八郷│下野│保々