【第136号(2017年10月14日発行) 10面】三重県四日市市のタウン紙『タウン情報YOU四日市』

タウン情報YOU四日市トップページ > タウン情報YOU四日市発行一覧 > 第136号(2017年10月14日発行)記事 >10面

第136号(2017年10月14日発行)記事 10面

就労への一歩踏み出す 「トレーニングカフェ」開店


加納さん(中央)を見守る福本さん(左)

 働きにくさを抱える若者が就労に向けて一歩踏み出すためのトレーニングを行うカフェ「Sprout(スプラウト)」がこのほど、四日市市諏訪栄町のグリーンモール商店街にオープンした。運営するNPO法人「市民社会研究所」(同市萱生町、松井真理子代表理事)は「仕事の経験を積むことで社会的スキルを身に着け、一般企業への就職につなげたい」と意欲を見せる。
 同法人は6年前から北勢地域若者サポートステーション(同諏訪栄町)を運営し、15歳から39歳までの無業者の就労を支援してきた。同ステーションの森俊昭所長によると、昨年は200人の新規登録があり、130人を就職に導いたが、「経験がなく、就職への手順が踏めない」「ハローワークでうまく仕事が見つけられない」など悩みを持つ若者は増えているという。
 9月に開設した同カフェでは「伊勢おやき」と手作りスープを提供。現在は15人が2人ずつシフトを組み、3か月のトレーニング期間内に2人の女性スタッフから飲み物や軽食の準備、接客の仕方などを教わっている。
 注文を取っていた市内在住の加納萌子さん(24)は、人と接するのは得意ではないそうだが、「スタッフが自分を理解してくれているので、分からないことも聞きやすいし、安心して接客も頑張れる」と笑顔で話す。スタッフの福本悦子さんは「自信をつけてここを卒業し、自分に合った仕事を見つけてほしい」と見守っていた。
 同カフェの営業は火曜から土曜の午前10時から午後5時まで。
 問い合わせは同カフェ 電話090・5878・1975へ。

このページのトップへ

63年走った車両ラストラン あすなろう鉄道の114・124号車

 緑色の車体が人気だった、四日市あすなろう鉄道の「114号車」「124号車」がさる9月28日、営業運転を終了した。1954年(昭和29年)に製造され、63年にわたって走り続けてきた最後の雄姿を見ようと、同日の「さよなら運転」には多くの人が訪れた。
 最後の営業運転となった、あすなろう四日市午前8時59分発内部行きは「ありがとうございました」のアナウンスに送られ四日市駅を出発。車両に乗ってラストランを楽しむ人もいた。車内には「ありがとう、さようなら」と書かれたボードが掲げられた。

感謝のメッセージ

 また、前方のワイパーには白い手を取り付け、手を振るような仕様に。窓にも「ありがとう」のメッセージが添えられた。集まった人たちは外観や内部をカメラやスマートフォンで撮影。見学者や乗客には「ありがとう 114号車 124号車」の文字と車両の写真が入った缶バッジも配られた。

このページのトップへ

企画展に向け 昭和の鉄道写真募集 四日市市立博物館

 四日市市立博物館(同市安島)は、来年1月2日(火)からの特別企画展「なつかしいくらしと昭和の元気なこどもたち」に向け、昭和40年代までに四日市で撮影された鉄道写真を募集している。
 同博物館では毎年、昭和の暮らしにスポットを当てた展示を企画。当時の人々の暮らしや小学校の教室などを再現したセットを見ることができる。
 募集する写真はプリントしたもの、フィルム、デジタルデータのいずれでも可(コピー不可)。応募原本は複製後、デジタルデータとして保存し返却する。応募者には特別企画展の招待券が贈られる。
 同博物館や地区市民センター、市文化会館などに設置している応募要項を確認して応募票に必要事項を記入し、郵送(〒510‐0075四日市市安島1丁目3の16)、電子メール(hakubutsukan@city.yokkaichi.mie.jp)で「四日市市立博物館 四日市の昭和の鉄道」係へ送付する。開館時間内であれば同博物館1階受付への持参も可。11月5日(日)消印有効。募集要項は同博物館ホームページ(http://www.city.yokkaichi.mie.jp/museum/museum.html)からも入手できる。
 問い合わせは同博物館 電話059・355・2700(月曜休)へ。

このページのトップへ

※掲載内容は取材時によるものです。詳細は、各施設・店舗にお問い合わせください。

最新号の記事
連載
バックナンバー
四日市最新ニュース
チラシ折込み
お問い合わせ
トップページ



【主な配布エリア】
ときわ地区│中部地区│川島地区│桜地区│日永地区│四郷地区│海蔵地区│内部地区│三重地区│羽津地区│橋北地区│大矢知│富洲原│塩浜│楠│富田│あがた│八郷│下野│保々