【第136号(2017年10月14日発行) 4面】三重県四日市市のタウン紙『タウン情報YOU四日市』

タウン情報YOU四日市トップページ > タウン情報YOU四日市発行一覧 > 第136号(2017年10月14日発行)記事 > 4面

第136号(2017年10月14日発行)記事 4面

子育て支援活動の拠点に 旧東橋北小の「こども子育て交流プラザ」


子どもを遊ばせながら会議を進める「Ms.チアーズ」のメンバー=四日市市東新町で

 今年4月にオープンした四日市市東新町の児童館「四日市市こども子育て交流プラザ」は、市内全域から多くの人が訪れ、来館者数が8月に2万人を超えた。子育て支援団体には無料で部屋を貸し出すなど、子育て支援の活動拠点でもある。
 旧東橋北小の校舎を活用した複合施設「橋北交流会館」の4階にあり、18歳未満の子どもと子育てに関わる人なら誰でも利用できる。多目的ホールやクッキングルーム、図書室、工作室、交流室、授乳室を備えている。市内で活動する3人以上の団体で、一定の条件を満たし登録すると、会議やイベントといった目的で交流室などを無料で使用できる(団体登録には申請が必要)。

退屈せず安心して

 子育て中の女性起業家が多く所属するグループ「Ms.(ミズ)チアーズ」はこの施設を利用し、11月のイベントに向けた会議を開いている。代表の高橋知美さんは「おもちゃもたくさんあり、子どもが退屈せず安心して会議ができる。駐車場があるのも魅力」と好評のようだ。
 開館時間は午前9時から午後7時(小学生以下は同5時)まで。未就学児は保護者同伴。団体利用は同9時まで可能。個人利用について、担当者は「小学生以上の子どもは、緊急連絡先を書いたメモと上履きを持参してほしい」と呼び掛けている。
 問い合わせは同プラザ 電話059・330・5020へ。

このページのトップへ

桜花台に病児保育室 働く親たちの味方に 市内2か所目


チェリーケアの保育室

 病気療養中のため保育園や小学校などでの集団生活に不安がある子どもを一時的に預かる「病児保育室」。四日市市桜花台に、市内2か所目となる病児保育室「チェリーケア」が今年6月オープンし、子育てと就労の両立を支援している。
 2000年に市内で最初に開設された「カンガルーム」(同市中部)は、利用者増で定員を超える日が少なくないため、新設を望む声が上がっていた。市の援助を受け、「桜花台こどもクリニック」(同市桜花台)の水谷健一院長が開設している子育て支援センター「さくらんぼ」2階に病児保育室を併設することになった。
 子育て経験のある保育士、看護師、栄養士が常駐。定員は3人で、個室2部屋と隔離室1部屋、プレイルームを兼ねる大部屋がある。昼食とおやつは、栄養士が食べやすさに配慮し、栄養士が手作りで用意している。子どもの迎えの際には、体温経過や睡眠の様子など子どもの様子を細かく報告し、利用者からは「ここがあって本当に良かった」という声が上がっている。


水谷院長

 対象は、保護者の勤務などにより家庭での保育が困難で、感染症などの病気にかかっているか回復期にある市内在住の就園・就学している小学生までの子ども。同クリニックで診察を受け、院長の許可を得て利用する。利用料は1日2千円(所得税非課税世帯は千円、市民税非課税世帯と生活保護世帯は無料)で、食事・おやつ代500円と診察料などが必要。月曜から金曜の午前9時から午後5時半まで利用できる。利用には専用電話(090・6088・1306)での予約が必要。
 問い合わせはチェリーケア 電話059・340・7015まで。

このページのトップへ

久しぶりコイ放流 智積養水


 「名水百選」にも選ばれている、四日市市智積町の「智積養水」でこのほど、三十数年ぶりに子どもたちも参加してのコイの放流式があった。地元の幼稚園児や小中学生ら約300人が、色鮮やかなコイを水中へ放った=写真。
 放流式を企画したのは市民団体「智積自然の会」。1986年ごろまでは地元子ども会がコイを放流してきたといい、市制120周年に合わせて復活させた。10月1日に放流されたコイは400匹ほどで、色鮮やかな姿で泳ぐコイを見て「元気に育って」「名前をつけようかな」と話す参加者もいた。会場には過去の放流式の写真も貼り出され、当時を思い出して懐かしむ人もいた。

このページのトップへ

デイキャンプ開催 きたしんジュニアクラブ


 北伊勢上野信用金庫(本店・四日市市安島)が主催し、子どもの情操教育や健康づくりをサポートする「きたしんジュニアクラブ」はこのほど、四日市市水沢町の市少年自然の家でデイキャンプを開き、小学生約100人が参加した。
 さる8月29日、午前中は恒例となっている飯ごう炊さんとカレーライス作り。子どもたちは調理の段取りだけでなく片付けもしっかりこなしていた。午後からはNPO法人「ほがらか絵本畑」の三浦伸也さんによる「お話&トークライブ」があり、三浦さんの自己紹介から笑いが沸き起こるなど盛り上がった=写真。

このページのトップへ

※掲載内容は取材時によるものです。詳細は、各施設・店舗にお問い合わせください。

最新号の記事
連載
バックナンバー
四日市最新ニュース
チラシ折込み
お問い合わせ
トップページ



【主な配布エリア】
ときわ地区│中部地区│川島地区│桜地区│日永地区│四郷地区│海蔵地区│内部地区│三重地区│羽津地区│橋北地区│大矢知│富洲原│塩浜│楠│富田│あがた│八郷│下野│保々