【第135号(2017年9月9日発行) 13面】三重県四日市市のタウン紙『タウン情報YOU四日市』

タウン情報YOU四日市トップページ > タウン情報YOU四日市発行一覧 > 第135号(2017年9月9日発行)記事 >13面

第135号(2017年9月9日発行)記事 13面

【言わせて聞かせて・声】警察官が自宅へ

 先日、警察の方が見回りで自宅を訪問してきました。何か事件があったのかと思い、また、初めてのことで少し戸惑ってしまいました。緊急連絡先などを聞かれましたが、周囲の人に聞くと、来たことがある人もない人も、いろいろあるようです。
 このような警察による見回りは定期的にされていることなのか、目的も知りたいです。また、マンションや戸建てなど住居の形態に関係なく、巡回はされているのでしょうか。(四日市市、40代女性)

「巡回連絡」に協力を

 〈四日市南署より回答〉 警察の活動の中で「巡回連絡」という、ご家庭へ訪問をさせて頂く活動があります。管轄する交番・駐在所の勤務員が一戸建て、アパートなどの家庭、事業所に随時訪問させていただいております。
 お聞きする内容は、お住まいになっている方のお名前や緊急連絡先などです。大震災や火災などの災害、事件・事故が発生した場合など、緊急に連絡を必要とすることがあるためお尋ねしています。
 また、巡回連絡の機会に各種の啓発や要望などの聞き取り、各種の犯罪発生に関する防犯指導や注意喚起の他、お困りごとの相談などにも応じています。お聞きした内容は「巡回連絡カード」に記入し、確実に管理しています。
 皆さまに身近な交番・駐在所の制服警察官が訪問しておりますので、今後もご協力をお願いいたします。

このページのトップへ

漁師の言葉が心に 地域のつながり生きる


【1面の続き】1959年9月26日、県内を中心に甚大な被害をもたらした伊勢湾台風。四日市市内でも大きな被害があり、その時に体験したことを現在・将来の防災意識向上に役立ててもらうため、2人の体験者に話を聞いた。

天カ須賀・加藤清男さん

 「大きい台風がくるぞ」―。伊勢湾台風の時、家業の水産加工会社で働いていた四日市市天カ須賀の加藤清男さん(81)=写真=。交流のあった漁師たちはこう口にした。「沖があがっているな」。海で生きる男たちが発した言葉は、当時23歳だった加藤さんの心に響いた。
 風が強くなり、まともには歩けなくなってきた。目も開けていられない状況で、後ろ向きに歩くなどし、懸命に移動した。自宅前を水が流れるようになり、「これはおかしい」と感じた加藤さん一家。工場の作業で使う箱が流れていく光景が目に飛び込んできた。
 水はどんどん家の中に押し寄せ、腰ほどの位置まで上がってきた。当時は名四国道(国道23号)もなく、海からの水はあっという間に襲ってきたという。「本当にあっという間」。布団などを上へ上げてしのいだが、一夜明けて工場を見に行った加藤さんの目に飛び込んできたのは、土台だけが残った光景だった。
 「10軒以上はあった工場は全て流されていた。無残な光景に驚くばかり」。近くには、造船所にあったであろう船が打ち揚げられていた。「水が引いても、目の前に広がるすさまじい様子は目に焼きついている」と話す。
 その後は警防団(消防団)に入り、半世紀以上にわたって地域の防災を支えてきた。昨年は長年の功績が認められ、春の褒章で「藍綬褒章」を受けた。加藤さんは「日頃から地域のつながりを大事にすることが、いざというときに生きてくる」と、自身の体験を踏まえ話していた。

このページのトップへ

空手の交流大会 不撓心カップ


 NPO法人日本徒手空拳道連盟優真会(古川尚樹理事長、本部・四日市市北浜田町)が主催する「不撓心カップ2017空手道選手権交流大会」が10月1日(日)、四日市市日永東1の四日市中央緑地第一体育館で開かれる。観覧自由。
 同じ武の道を志す空手家が流派・団体を超えて交流し、困難に打ち勝つ心(不撓心)を養うことが目的。社会支援団体の障がい者支援ブース、防犯推進ブースなどを設け、社会福祉チャリティーとして開催している。
 大会は学年、年代別にトーナメントで争う。開会式は午前9時半から。詳細は同会ホームページ(http://www.yushinkai.org/)で随時更新している。
 問い合わせは同会事務局 電話059・355・6533へ。

このページのトップへ

※掲載内容は取材時によるものです。詳細は、各施設・店舗にお問い合わせください。

最新号の記事
連載
バックナンバー
四日市最新ニュース
チラシ折込み
お問い合わせ
トップページ



【主な配布エリア】
ときわ地区│中部地区│川島地区│桜地区│日永地区│四郷地区│海蔵地区│内部地区│三重地区│羽津地区│橋北地区│大矢知│富洲原│塩浜│楠│富田│あがた│八郷│下野│保々