【第135号(2017年9月9日発行) 10面】三重県四日市市のタウン紙『タウン情報YOU四日市』

タウン情報YOU四日市トップページ > タウン情報YOU四日市発行一覧 > 第135号(2017年9月9日発行)記事 >10面

第135号(2017年9月9日発行)記事 10面

粘土で作る童話の世界 名作題材に50点展示

 子どものころ夢中になった童話の世界を粘土で再現する、亀山市の渡辺香里さん(61)=写真=主宰の粘土教室による作品展が、9月30日(土)まで四日市市富田一色町の「珈琲画廊醍醐」で開かれている。入場無料。
 自宅や手芸店「クラフトハートトーカイ四日市店」(同市城西町)で粘土教室を開いている渡辺さんは「赤毛のアン」など物語の世界観が好きで、登場人物をイメージした作品を作っている。今回は「世界の名作・童話」をテーマに、「不思議の国のアリス」「二十四の瞳」などの登場人物を愛らしい人形で表現している。
 イメージを膨らますため、物語の舞台となった場所を訪れることも少なくないという熱の入れよう。「フランダースの犬」をテーマにした時はベルギーへ飛び、主人公ネロと愛犬パトラッシュが最期の時を迎えたアントワープの教会を訪れた。渡辺さんは「家族や周りの人たち、生徒たちのおかげで続けてこられた」と感謝の気持ちを話した。
 今回の作品展には世界の名作を題材にした約50点を展示予定。時間は午前8時から午後5時、土日祝は午前7時から午後11時半。水曜と26日(火)は休廊。
 8日(金)と22日(金)の午後1時からは体験教室も開かれる。会費3000円(飲み物、菓子付)。要予約。申し込み、問い合わせは渡辺さん 電話090・9926・7159へ。

このページのトップへ

不安や悩み 独りじゃない 親のためのプログラム参加募る

 「完璧な親なんていない」をテーマに、0歳から5歳の子どもを持つ親のための「ノーバディーズパーフェクトプログラム」を主催しているNPO法人「体験ひろば☆こどもスペース四日市」では、プログラムの参加者を募集している。
 カナダ発祥の同プログラムは、子育て中の親たちが安心して出会える場や、自分たちの生活や子・親としての役割について考える機会を提供することが目的。親同士が互いの不安や悩みなどを語り合い、自分に合った子育て方法を見つけていく。
 2013年から同法人が採り入れ、市の子育て支援委託事業に認定されている。託児があるため、子どもと離れて自分の胸の内を話すことで、自分の本当の気持ちに気づくこともある。また、いろいろな価値観や子育ての話に触れることで、自分に合った子育てを学べると感じるそうだ。
 参加者からは「悩んでいるのは自分だけじゃないと気づいた」「自分自身について考える機会となり、自分に自信が持てるようになった」などの声が寄せられているという。
 対象は市内在住で第1子が1歳から5歳までの子どもがいる人。定員14人、定員になり次第締め切る。日程は全て土曜の全8回で、10月21日(土)が初回。時間は午前10時から正午、会場は同市采女町の内部地区市民センター。参加費は2000円(全8回、保育料込み)。
 申し込み、問い合わせは同法人 電話059・321・0883まで。

このページのトップへ

※掲載内容は取材時によるものです。詳細は、各施設・店舗にお問い合わせください。

最新号の記事
連載
バックナンバー
四日市最新ニュース
チラシ折込み
お問い合わせ
トップページ



【主な配布エリア】
ときわ地区│中部地区│川島地区│桜地区│日永地区│四郷地区│海蔵地区│内部地区│三重地区│羽津地区│橋北地区│大矢知│富洲原│塩浜│楠│富田│あがた│八郷│下野│保々