【第134号(2017年8月5日発行) 12面】三重県四日市市のタウン紙『タウン情報YOU四日市』

タウン情報YOU四日市トップページ > タウン情報YOU四日市発行一覧 > 第134号(2017年8月5日発行)記事 >12面

第134号(2017年8月5日発行)記事 12面

【言わせて聞かせて・声】路上喫煙 禁止区域で巡回指導しないの?


商店街にある「路上喫煙禁止区域」の注意書き

 私は毎晩のように諏訪商店街を愛犬と散歩しております。その中で気になったのが、近鉄四日市駅周辺の「路上喫煙禁止区域」です。
 条令施行から半年以上が過ぎましたが、市役所職員による監視・指導を見かけたのは施行直後の昨年末、一度きりです。「ふれあいモール」から諏訪商店街を通り国道1号では相変わらず喫煙者がおり、非常に迷惑しています。巡回指導はしないのでしょうか。(四日市市、60代、男性)

平日に巡回、夜間も
条例周知に一層力を

 〈四日市市生活環境課より回答〉2016年12月1日に「四日市市路上喫煙の禁止に関する条例」を施行して以降、平日の午後に指導員が巡回指導を行っています。また、昨年7月に施行した「四日市市客引き行為等の防止に関する条例」の見回りとも連携し、夜間の巡回も実施しています。
 条例が指定する禁止区域内で指導をしても喫煙をやめなかった場合は過料を徴収することになっていますが、指導員から指導を受けた方は全て指導に従っていることから、過料を徴収したという事例はありません。
 一方、禁止区域に関しては、範囲が分かりづらいというお声もありましたので、本年4月に新たな路面標示を20か所追加し、計53か所としました。なお、路上喫煙禁止区域を示す掲示看板も5か所設置しており、啓発に取り組んでいるところです。
 今後は皆さまからのご意見などを伺いながら、より一層条例の周知に力を入れていきたいと考えております。

このページのトップへ

【事件事故ファイル】不審者情報 7月分

 7月中に四日市市内で寄せられた不審者情報は次の通り。

 ▼17日午前11時15分ごろ、尾平町地内。男1人(20、30歳くらい、身長170、180センチくらい、中肉、薄緑色のシャツ、暗い色のリュックサック所持)。女子児童が後方から歩いてきた男に胸や肩を触られた

このページのトップへ

【事件事故ファイル】7月発生の事件・事故

 四日市南署管内で7月中に発生した主な事件事故は次の通り(抜粋)。
 ▼名誉毀損で38歳女逮捕 同署は、以前勤務していた病院の男性医師が住むマンションのポストへ、名誉を低下させる内容を書いた書面を投函し、住人が閲覧するように仕向けた名誉毀損の疑いで、四日市市内に住む医療事務員の女(38)を逮捕したと発表した。容疑を認めているという。
 発表によると、女は今年6月19日未明、男性医師の住むマンションのポストへ「婦女暴行で逮捕歴がある。一刻も早く退去して」などの内容が書かれた書面を投函した疑い。男性医師から被害届が出され、署では捜査を進めていた。調べに対し女は「意に反して退職させられ腹が立っていた」などと話しているという。(10日発表)
 ▼旅券法違反で44歳男逮捕 同署は、既にパスポートの発行を受けているにもかかわらず「過去に旅券の発給事実はない」と虚偽申告した旅券法違反(旅券の二重受給の禁止)の疑いで、岐阜県に住む派遣社員の男(44)を逮捕したと発表した。容疑を認めているという。
 発表によると、男は2015年12月4日、四日市市諏訪栄町の四日市市旅券コーナーで、名前の読み方を変えて別人名義のパスポートの発給を申請した疑い。対応した職員が審査過程で虚偽であることを見抜き、同署に相談していた。調べに対し、男は「借金をする際に金融機関に預けた」などと話しているという。(12日発表)
 ▼住居侵入で48歳男逮捕 同署は、マンション上階の部屋に窓を割って侵入した住居侵入の疑いで、四日市市内に住む無職の男(48)を逮捕したと発表した。容疑を認めているという。
 発表によると、男は7月15日夜、市内のマンションで、上の階に住む男性(27)方へ「うるさかった」という理由で窓ガラスを割って侵入した疑い。被害者男性が110番通報し、駆けつけた警察官が逮捕した。(15日発表)

このページのトップへ

交通安全運動で街頭キャンペーン 四日市南署


 四日市南署は、7月11日から20日までの「夏の交通安全県民運動」に合わせ、街頭キャンペーンを四日市市中心部の商店街内などで行った=写真。四日市南警察署管内地域交通安全活動推進委員協議会、四日市南地区交通安全協会や四日市地区防犯協会など10団体約100人が参加し、キャンペーンはシルバー人材センターコーラス同好会の「交通安全コーラス」など3部構成で実施した。
 ご当地キャラクター「こにゅうどうくん」の舌を触ると願いがかなう、願いが伸びるといういわれにあやかり、四日市名物「大入道煎餅」をアレンジした「事故しま煎餅」を作成し、約400個を配布。受け取った子どもたちは、こにゅうどうくんの舌を触り「交通死亡事故のない日が永遠に続きますように」と祈った。
 伊藤正彦署長は「管内では過去に306日死亡事故のない日が続いたが、それを超えたい」と話した。

このページのトップへ

※掲載内容は取材時によるものです。詳細は、各施設・店舗にお問い合わせください。

最新号の記事
連載
バックナンバー
四日市最新ニュース
チラシ折込み
お問い合わせ
トップページ



【主な配布エリア】
ときわ地区│中部地区│川島地区│桜地区│日永地区│四郷地区│海蔵地区│内部地区│三重地区│羽津地区│橋北地区│大矢知│富洲原│塩浜│楠│富田│あがた│八郷│下野│保々