【第134号(2017年8月5日発行) 1面】三重県四日市市のタウン紙『タウン情報YOU四日市』

タウン情報YOU四日市トップページ > タウン情報YOU四日市発行一覧 > 第134号(2017年8月5日発行)記事 > 1面

第134号(2017年8月5日発行)記事 1面

JAPANのエース 世界に挑む
152キロ左腕 活躍に期待


「侍ジャパン」のエースとして期待がかかる東さん=京都市北区の立命館大学硬式野球部合宿所で

四日市出身 立命館大4年・東克樹さん

 野球の「侍ジャパン」大学日本代表の一員として、7月の日米大学野球選手権でエースとして好投し、大会の最優秀投手賞にも選ばれた、四日市市出身で立命館大学4年の東克樹さん(21)。今度は8月20日(日)から台湾で開かれる「第29回ユニバーシアード競技大会」でも活躍が期待されている。
 三重北小1年の時に三重クラブ野球少年団で野球を始めた東さんは、大池中時代に四日市トップエースボーイズで活躍し、日本代表「NOMO JAPAN」のメンバーとして海外での試合も経験。愛知工業大学名電高へ進学後は3度の甲子園出場を果たしている。
 レベルの高さに驚きながらも大学で着実に力をつけた左腕は、関西学生リーグで昨春、今春と2度のノーヒットノーランを記録。高校時代から取り組む下半身強化のトレーニングの成果もあり、球速は最高152キロを記録している。

日米選手権で手応え ユニバーシアードへ

 日米選手権は「NOMO JAPAN」の時以来の海外での試合だったが、「雰囲気を楽しめたし、集中できた」と振り返る。第1戦と4戦で先発マウンドを任され、第4戦では7回を投げ被安打5、奪三振11で無失点と好投。ストレートには自信があるものの、「パワーのある外国人選手を抑えるには変化球が有効」と、カーブとチェンジアップを中心に攻めた。
 侍ジャパンの善波達也監督からは「エースとして期待している」と託されたという東さんは「自分の投球が通じたことに手応えを感じ、外国人選手との対戦にも自信がついた」と語る一方、「コーチからは『9回を投げる体力をつけてほしい』と言われた」そうで、ユニバーシアード大会までに投げ込みを徹底し、課題をクリアし大会へ臨むつもりだ。
 学生最後の秋季リーグでの目標は「優勝、そして神宮大会へ行き全国制覇」。その先にはプロへの思いもあり、「自分の力がどう評価され、どれくらい通用するのか挑みたい」と力強く話してくれた。
 侍ジャパンはユニバーシアード大会で、予選ラウンドグループBに入り、アメリカ、メキシコ、ロシアと対戦する予定。

このページのトップへ

【ゆあすまいる】体と心のつながり実感


東海由佳さん(30)

 四日市市日永の「シティスポーツ四日市」と「四日市スイミングクラブ」でヨガインストラクターとして今春から講師を務める。以前は証券会社の社員だったが、仕事のリフレッシュにと妹に誘われたヨガの世界にのめり込んだ。
 インストラクターの資格を取り、学ぶ側から教える立場へ。それでも学ぶ意欲は尽きず、今年は水上で揺れるボードの上で行うハワイ発祥の「SUPヨガ」も現地で習得。8月からは同クラブで講座をスタートするそうだ。
 「体と心のつながりを実感できる。自分が魅力に引き込まれたヨガの素晴らしさ、奥深さを地域へ広めていきたい」と目を輝かせた。
 趣味は旅行やミュージカル鑑賞。海外へ出掛け、本場の雰囲気を楽しんでいる。

このページのトップへ

※掲載内容は取材時によるものです。詳細は、各施設・店舗にお問い合わせください。

最新号の記事
連載
バックナンバー
四日市最新ニュース
チラシ折込み
お問い合わせ
トップページ



【主な配布エリア】
ときわ地区│中部地区│川島地区│桜地区│日永地区│四郷地区│海蔵地区│内部地区│三重地区│羽津地区│橋北地区│大矢知│富洲原│塩浜│楠│富田│あがた│八郷│下野│保々