【第133号(2017年7月8日発行) 13面】三重県四日市市のタウン紙『タウン情報YOU四日市』

タウン情報YOU四日市トップページ > タウン情報YOU四日市発行一覧 > 第133号(2017年7月8日発行)記事 >13面

第133号(2017年7月8日発行)記事 13面

【四日市経済ニュース】30年以上続く宅配サービス 「買い物に行けない人に届けたい」


創業した「三泗百貨店」が現在の一番街店=四日市市諏訪栄町で

ネット注文、専用ボックスも
市内に6店舗 スーパーサンシ株式会社

 1947年に「三泗百貨店」として四日市市で創業し70年を迎えるスーパーサンシ株式会社(本社・鈴鹿市)は現在、県内に13店舗を構える。店舗での販売だけでなく、「買い物に出掛けられない方にも商品を届けたい」という思いで、30年以上前から宅配サービスにも取り組んでいる。
 1号店は現在の一番街店(同市諏訪栄町)で、市内では現在6店舗が営業。県内では四日市、鈴鹿、桑名、川越、菰野、亀山の4市2町に展開し、今年4月には明和町に初出店した。
 宅配サービスは8店舗で実施しており、インターネット・電話で注文を受け、午前中に注文すれば当日午後5時までに自宅に届く仕組み。会員登録をすれば月会費516円で何度でも利用可能で、都度利用する場合は1回104円、購入金額が1544円未満の場合は84円の配達料がかかるなど、利用料を細かく定めている。
 専用の宅配ボックスを配置して確実な配達体制を整え、宅配事業の成功例として各方面から注目を集めている。同社の高倉照和顧問(50)は「今後は宅配サービスの更なる拡大が見込まれます。よりきめ細かいことに対応できるようにしたい」と今後の展望を語る。


宅配サービスの案内画面

「切りたて」並ぶ店頭

 また、店内加工による生鮮食品へのこだわりも同社の強みの一つ。市場で仕入れた魚介類を店舗へ直接搬入し、鮮度の良い「切りたて」を店頭に並べている。鮮魚や精肉売り場では対面販売にも力を入れ、要望によっては調理加工や小分けもする。おすすめ商品の案内や調理方法の説明も好評を博している。
 特売などのちらし情報はホームページ上でも店ごとの情報を公開し、あらゆる面からニーズに応える努力を惜しまない。一番街店の野口裕文店長(47)は「なんといっても生鮮食品の充実が強み。地域の皆さまに貢献できるよう、スタッフ一人ひとりが日々心掛けて働いています」と話す。

このページのトップへ

【四日市経済ニュース】雇用情勢「着実に改善」

四日市地域の有効求人倍率 25年ぶり高水準に

 三重労働局がこのほど発表した、2017年5月の県内の有効求人倍率(季節調整値)は1・61倍で、前月を0・07ポイント上回った。1・6倍台を記録したのは25年7か月ぶりの高水準だという。四日市地域の有効求人倍率(原数値)は前月から0・05ポイント下回り1・51倍だった。
 同地域の有効求人数は6573人(前月比74人減)で、有効求職者数は4647人(同115人増)だった。職業別求人数の上位3業種は、サービス職1872人(求職者数391人、倍率4・79倍)、専門技術職1067人(同497人、2・15倍)、運搬・清掃・包装732人(同860人、0・85倍)だった。
 最も求人倍率が高かったのは保安職で、求人数231人に対し求職者数は23人、倍率は10・04倍だった。
 同労働局は「事業主都合の離職者は17か月連続で減少するなど、県内の雇用情勢は着実に改善が進んでいる。一方で、人材確保のためにも労働条件の見直しなどを引き続き呼び掛けていく」とコメントしている。

このページのトップへ

※掲載内容は取材時によるものです。詳細は、各施設・店舗にお問い合わせください。

最新号の記事
連載
バックナンバー
四日市最新ニュース
チラシ折込み
お問い合わせ
トップページ



【主な配布エリア】
ときわ地区│中部地区│川島地区│桜地区│日永地区│四郷地区│海蔵地区│内部地区│三重地区│羽津地区│橋北地区│大矢知│富洲原│塩浜│楠│富田│あがた│八郷│下野│保々