【第133号(2017年7月8日発行) 5面】三重県四日市市のタウン紙『タウン情報YOU四日市』

タウン情報YOU四日市トップページ > タウン情報YOU四日市発行一覧 > 第133号(2017年7月8日発行)記事 > 5面

第133号(2017年7月8日発行)記事 5面

目指せジュノンボーイ 地方予選を突破


ポーズを決める北島君

内部中・北島歩人君

 武田真治や菅田将暉などの俳優陣を輩出してきた、月刊誌「JUNON」(ジュノン)主催の「ジュノン・スーパーボーイ・コンテスト」で、四日市市立内部中学校3年の北島歩人君がこのほど地方予選を突破し、ベスト104に進んだ。「やるからには、てっぺんを目指す」と、受験勉強の傍らグランプリを目指して闘志を燃やしている。
 幼稚園のころから所属するレスリングクラブの仲間に「コンテスト出場をしたら選ばれるのでは」と言われた。それを受け、弟の魂君がエントリーを強く勧め、書類を送った。中学では柔道部に所属し、生徒会長も務めている。ファッションや芸能界などにはあまり興味を持っていない真面目なイメージがあるそうだが、コンテストに応募したと聞いた友人らは驚いたそうだ。
 5月に名古屋市内で開かれた2次審査には100人が参加し、北島君は「度胸試しで来ました。絶対勝ちます」とカメラに向かってアピール。左足小指を骨折していたにもかかわらず、ハンドスプリング(前方倒立回転跳び)や、三点倒立しながらの3分間の自己PRも披露して会場を沸かせ、見事地方予選を通過した。
 4歳下の魂君にとっては「宿題を教えてくれたり、遊びに行く時も一緒に連れて行ってくれる、優しくてかっこいい自慢のお兄ちゃん」だ。北島君は「応援してくれる人たちの期待に応えられるよう頑張りたい」と笑顔で語った。
 同コンテストは13歳から22歳までの男性が対象。今回の2次審査を通過した104人は今後、誌面での人気投票などを経てファイナリスト10人に絞られ、来年2月にグランプリ「ジュノン・スーパーボーイ」が決まる。

このページのトップへ

奇麗な海を未来に 海保の図画コンクール作品募集

 四日市海上保安部は、小中学生を対象にした「第18回 未来に残そう青い海 海上保安庁図画コンクール」(主催・海上保安庁)の作品を募集している。
 題材の例は▽海を奇麗にしている人たち▽奇麗な海で楽しく遊び、働いている人たち▽海で元気に暮らす生き物▽奇麗な海を航行する船などで、美しい海の必要性を想像させるもの。作品に標語などの文字は入れない。
 応募は1人1点で、未発表作に限る。用紙は四つ切(380×540ミリ)、画材は自由。応募の際は、指定の「応募用名札」に必要事項を記載し、作品裏側右下の隅に貼る。「〒510‐0051四日市市千歳町5の1四日市港湾合同庁舎4階 四日市海上保安部」宛てに郵送するか同保安部窓口へ直接提出する。9月8日(金)必着。
 問い合わせは同保安部 電話059・357・0118へ。ホームページはhttp://www.kaiho.mlit.go.jp/04kanku/

このページのトップへ

※掲載内容は取材時によるものです。詳細は、各施設・店舗にお問い合わせください。

最新号の記事
連載
バックナンバー
四日市最新ニュース
チラシ折込み
お問い合わせ
トップページ



【主な配布エリア】
ときわ地区│中部地区│川島地区│桜地区│日永地区│四郷地区│海蔵地区│内部地区│三重地区│羽津地区│橋北地区│大矢知│富洲原│塩浜│楠│富田│あがた│八郷│下野│保々