【第133号(2017年7月8日発行) 4面】三重県四日市市のタウン紙『タウン情報YOU四日市』

タウン情報YOU四日市トップページ > タウン情報YOU四日市発行一覧 > 第133号(2017年7月8日発行)記事 > 4面

第133号(2017年7月8日発行)記事 4面

子どもが創るミュージカル劇団 旗揚げ公演


練習に取り組む団員ら=四日市市東新町で

8月2日 市文化会館で

 子どもたちが自ら物語を創作し演じるミュージカル劇団「リトル・ミュージカル」が四日市市でメンバーを募り、今年4月に結成したチームの旗揚げ公演「リトルピア」が、8月2日(水)に同市安島の市文化会館第2ホールで開かれる。
 今回の公演は、同劇団代表理事で同市出身の石垣清香さん(36)が、地元の子どもたちが置かれている環境や考え、思いの込められたキーワードを拾って紡いだ物語。幼なじみの子たちがふとしたことから不思議な世界に迷い込み、謎の住人や生き物に出会って自分を見つめ直す内容。登場人物や世界観の設定は、子どもたちの案によるものだ。
 同チームの1期生として活動するのは、小学2年から中学1年までの40人。主に日曜の午後、同市東新町の市こども子育て交流プラザで練習に打ち込んでいる。

細かな設定も

 三重平中1年の脇谷天音さんは、リトルピアに迷い込む「おとなしい男の子」の役柄。台本には描かれない細かな人物設定は自分で考えたといい、「リトルピアが、役の男の子の理想の世界だったので、興奮しておとなしくなくなっちゃう」と笑顔で話した。
 午後3時開演。入場料は大人700円、3歳以上中学生以下200円。チケットは同会館(電話059・354・4501)で取り扱っている。
 問い合わせは同劇団事務局の笠間さん 電話090・2929・4382へ。

このページのトップへ

子どもも大人も楽しんで バレエ教室が発表会


こども四日市探検隊

 四日市市と菰野町、鈴鹿市で教室を展開する「小原芳美バレエスタジオ」(本部・四日市市西日野町)が、7月16日(日)午後3時から四日市市文化会館第1ホールで22回目の発表会を開く。生徒112人とゲストダンサーが計4作品を上演する。入場無料。
 インドの舞姫の悲恋を描いた「ラ・バヤデール」は、同スタジオの長あかねさん、新田貴らりさんが主役で、全4幕のうち2、3幕を上演。大人っぽく幻想的な演目になるという。自然の恵みへの感謝を表したオリジナル作品「海の贈り物」は、園児や小学生など子どもがカニやクラゲといった海の生き物に扮して踊る。愛敬のある衣装と振り付けが魅力で、観客が思わずほほ笑むような演出を目指しているという。
 同スタジオ代表の小原芳美さんは「子どもから大人まで楽しめる舞台。お母さん方の手作りの小物にも注目してください」と話した。
 問い合わせは同スタジオ 電話059・322・4782へ。

このページのトップへ

※掲載内容は取材時によるものです。詳細は、各施設・店舗にお問い合わせください。

最新号の記事
連載
バックナンバー
四日市最新ニュース
チラシ折込み
お問い合わせ
トップページ



【主な配布エリア】
ときわ地区│中部地区│川島地区│桜地区│日永地区│四郷地区│海蔵地区│内部地区│三重地区│羽津地区│橋北地区│大矢知│富洲原│塩浜│楠│富田│あがた│八郷│下野│保々