【第133号(2017年7月8日発行) 3面】三重県四日市市のタウン紙『タウン情報YOU四日市』

タウン情報YOU四日市トップページ > タウン情報YOU四日市発行一覧 > 第133号(2017年7月8日発行)記事 > 3面

第133号(2017年7月8日発行)記事 3面

球児に記念品贈り16年 小林町・松田忠雄さん


 「今年はどこが優勝するのか」。熱戦の行方を見守りながら―。四日市市小林町の松田忠雄さん(84)=写真=は、夏恒例の「全国高校野球選手権大会」と三重大会の優勝校に、自作のガラス盾とベンチ入り選手分のグラスを贈り続けて16年になる。
 62歳の時、高圧で圧縮された空気に砂(研磨材)を混ぜて吹き付け、ガラスの表面を削るサンドブラスト技法に出会い、趣味で制作を楽しんでいた。
 2001年の三重大会で地元の四日市工業高が優勝した際、近所に選手が住んでいたのがきっかけで同高へ贈ったのが最初。「世界に一つしかない品」と喜ばれ、その2年後には、夏と春(選抜大会)の全国優勝校へも贈るようになった。自身が社会人時代ラガーマンだったことから、10年ほど前からは高校ラグビーの全国優勝校へもプレゼントしている。
 ガラス盾には監督や選手の名前が刻まれ、裏側の勝ち進んだトーナメント表が透けて見えるという凝ったデザイン。選手の個人名が入ったグラスは「現在プロ野球で活躍する選手の中にも持っている人がいる」という。
 2年前からは、同市八王子町で叙勲・褒章をサポートする会社を経営している吉川進司さん(69)も制作を手伝うようになった。記念の品を届ける時にも同行し、今春は選抜大会で優勝した大阪桐蔭高へ届ける道すがら、有馬温泉旅行も楽しんだそうだ。
 松田さんは「来年の100回大会を最後に」と考えていたが、手伝ってくれる吉川さんを心強く思い、「『こういう記念の品を見たことがない』と皆に喜ばれるので、元気でいる限り、続けていきたい」と話している。
 今年の「第99回全国高校野球選手権三重大会」は7月14日(金)に開幕する。

このページのトップへ

落語ってなんや!? 落語家と絵本店主が語る


6月の講座の様子

 落語家と絵本店主が面白おかしく繰り広げる落語入門講座「落語ってなんや!? その2」が、10月まで毎月1回、四日市市内で開かれている。「時代背景や噺家の裏話、笑うツボが分かって落語がより楽しめるようになる」と好評だ。
 落語愛好家で作る「上方落語の会実行委員会」(柳川平和委員長)が昨年、同市内に墓碑がある初代・桂文治の没後200年イベントとして、同講座と、11月29日の命日に落語会を実施し、今年も開催することになった。
 出演は、松阪市在住の落語家、桂文我さん(56)と、「子どもの本専門店メリーゴーランド」(四日市市松本)店主の増田喜昭さん(66)。今年1回目となった6月22日には、私服姿の文我さんが入門当時の様子を、失敗談を交えて紹介。増田さんとのトークは毎回「何が起こるか分からない」そうで、この日は、まどみちお詩集や昭和30年代の四日市を題材に、集まった約40人を笑わせた。
 次回は7月27日(木)午後7時から。テーマは「ネタが覚えられヘン!?」。会場は同諏訪町のスワセントラルパーキング2階大会議室。チケットは前売り500円、当日千円で、弥な屋(同諏訪町)、メリーゴーランドで販売。前売り完売の場合は当日券を販売しないこともある。3回目以降は8月24日(木)、9月28日(木)、10月26日(木)。
 問い合わせは弥な屋 電話059・351・0878へ。

このページのトップへ

【プラチナらいふ】探究続ける「トンボ博士」

沖の島町 石田昇三さん(87)

 「トンボは一生の遊び相手」。幼少時から夢中で追い掛け、その生態の謎に迫り、観察して記録を取り続けてきた。返還前の沖縄に長期滞在し、固有種「イリオモテミナミヤンマ」など新種5種の学術名も付けた。
 出版社の依頼で研究の成果をまとめた図鑑を出版すると、図鑑としては異例の1万6000部を売り上げ、その後に執筆した本は計70冊に及ぶ。世界のトンボ研究の第一人者として活躍する傍ら、四日市自然保護推進委員会を立ち上げ、観察会では解説員も務めた。現在は、いなべ市教育委員会主催の小学生向け昆虫イベントで月1回は講師を務めている。
 子どもたちには「トンボ博士」として知られ、夏休みの自由研究の質問などに答えることもある。今年5月には、下野小学校でプールの中にいるトンボの幼虫のヤゴを救出し、子どもたちに飼い方を教えた。
 「カゲロウとトンボは生物学的にどちらが古いか」。自身が75年間追い続けても解明されない謎の解明を次世代に期待する。衰えない好奇心で、生涯かけて追い続けていく。

このページのトップへ

※掲載内容は取材時によるものです。詳細は、各施設・店舗にお問い合わせください。

最新号の記事
連載
バックナンバー
四日市最新ニュース
チラシ折込み
お問い合わせ
トップページ



【主な配布エリア】
ときわ地区│中部地区│川島地区│桜地区│日永地区│四郷地区│海蔵地区│内部地区│三重地区│羽津地区│橋北地区│大矢知│富洲原│塩浜│楠│富田│あがた│八郷│下野│保々