【第132号(2017年6月10日発行) 11面】三重県四日市市のタウン紙『タウン情報YOU四日市』

タウン情報YOU四日市トップページ > タウン情報YOU四日市発行一覧 > 第132号(2017年6月10日発行)記事 >11面

第132号(2017年6月10日発行)記事 11面

「楽しんで」生き生きプレー ソーシャルフットボール東海予選


熱いプレーが繰り広げられた東海予選=桑名市で

精神障がい者のフットサル大会「第2回ソーシャルフットボール全国大会」の東海予選がこのほど桑名市で開かれ、静岡、愛知、三重の5チームが熱戦を繰り広げた。
 同大会はNPO法人日本ソーシャルフットボール協会が主催。東海地区からの全国出場枠は1枠で、5月19日に桑名市長島町の輪中ドームであった東海予選では、愛知県選抜Aチームが4戦全勝で優勝した。
 三重代表チーム「三重選抜」は4位だったが、選手たちは試合前には円陣を組み「楽しんでいきましょう」などと声を掛け合い、生き生きとプレーを楽しんだ。
 全国大会は10月28、29日に愛媛県で開催予定の「第17回全国障害者スポーツ大会愛顔つなぐえひめ大会」で公開競技として実施される。

このページのトップへ

介護の職場へ再び 無料の有資格者研修開講

 県と三重県社会福祉協議会は、介護福祉士や介護職員初任者研修(旧・ヘルパー2級)などの資格保有者で、子育てなどの理由で福祉の現場を離れていた人、介護士として復帰後おおむね1年未満の人を対象に、6月15(木)、23日(金)に「介護有資格者Reスタート研修」を開く。受講無料。
 介護の知識や技術を再確認し、福祉・介護の職場へ再就職してもらうことが目的。会場は四日市市安島1の「じばさん三重」5階。主なカリキュラムは「介護保険サービスについて」「認知症ケア」「介護に必要なコミュニケーション技術」などで、2日間の講習と2日間の施設体験を行う。体験する施設、日程は受講者と相談し決定する。
 問い合わせ、申し込みなどは県福祉人材センター 電話059・227・5160へ。

このページのトップへ

「無事故無違反」3人1組で挑戦 達成チームには賞品も

 123日間、家族や友人など3人1組で無事故・無違反を目指す交通安全運動「チャレンジ123」が7月1日(土)から始まる。10月31日(火)までの期間中、全員が交通事故を起こさず、交通違反もしないよう取り組むもので、達成チームには抽選でトラベルギフト券などの賞品が贈られる。
 「スピードを『1』割落としましょう」「車間距離を『2』倍とりましょう」「『3』分早く出かけましょう」のスローガンから名付けられ、2001年から始まった企画。昨年は県内1万1758チームが参加し、そのうち1万1059チームが無事故・無違反を達成した。
 県内に在住・在勤・在学し、運転免許証(原付含む)を持つ人が対象。「一般」の部と、今年7月1日現在で65歳以上を2人以上含む「シルバー」の部の2部門がある。参加費は1チーム3千円。
 参加希望者は6月30日(金)までに、県くらし・交通安全課、県内各市町の交通安全担当課、各警察署などにある申込用紙に記入し、参加費の郵便局払込受領証を添えて「〒514‐8570津市広明町13 三重県くらし・交通安全課内 チャレンジ実行委員会事務局」へ送付する。
 問い合わせは同課 電話059・224・2410へ。

このページのトップへ

※掲載内容は取材時によるものです。詳細は、各施設・店舗にお問い合わせください。

最新号の記事
連載
バックナンバー
四日市最新ニュース
お問い合わせ
トップページ



【主な配布エリア】
ときわ地区│中部地区│川島地区│桜地区│日永地区│四郷地区│海蔵地区│内部地区│三重地区│羽津地区│橋北地区│大矢知│富洲原│塩浜│楠│富田│あがた│八郷│下野│保々