【第132号(2017年6月10日発行) 7面】三重県四日市市のタウン紙『タウン情報YOU四日市』

タウン情報YOU四日市トップページ > タウン情報YOU四日市発行一覧 > 第132号(2017年6月10日発行)記事 >7面

第132号(2017年6月10日発行)記事 7面

【ピンクリボン】冊子を刷新 若い世代へPR


リニューアルした「検診のお知らせ」を紹介するこにゅうどうくん=四日市市諏訪町で

がん検診スタート 早めに申し込んで

 四日市市の2017年度のがん検診が間もなく始まる。バスによる地区巡回の集団検診は6月23日(金)から、医療機関での個別検診は7月1日(土)からで、いずれも2018年1月末日まで。市では検診の内容や日程などを記載した冊子「検診のお知らせ〈保存版〉」をリニューアルし、受診率向上を狙う。
 リニューアルした冊子はA4判カラー12ページで、4月下旬に市内全戸へ配布。がんの早期発見、早期治療のために「いまわたしにできること」と題して検診の大切さを訴えている。働く若い世代の目に留まるよう表紙をピンク色にし、文字を大きく見やすくした。
 検診の種類は、胃がん、大腸がん、子宮頸がん、乳がん、肺がん。20歳から50歳以下の女性は3年ごとに、ヒトパピローマウィルス(HPV)の感染の有無を調べるHPV検査を、子宮頸がん検診と同時に受診できる。対象となっている年齢の希望者は、子宮頸がん検診の受診時に受付に申し出る。
 5月下旬、子宮頸がん検診は20歳、乳がん検診は40歳(いずれも17年4月1日現在の年齢)の女性に「無料クーポン券」が送付されており、期間中は市が実施する集団検診・個別検診のどちらでも利用できる。市健康づくり課担当者は「集団検診は定員があるため、希望日がある人は早めに申し込んでほしい」と呼び掛けた。
 日程や申込締切日、会場、受診料などは冊子や市ホームページで確認できる。申し込みは市健康づくり課や市内の各地区市民センター(中部を除く)窓口の他、はがき(〒510‐8601四日市市諏訪町1の5)、ファクス(059・353・6385)、市の検診ウェブ申し込みサイト(https://www.city.yokkaichi.mie.jp/kenshin/)で同課成人健診係宛てに送付する。
 問い合わせは同課 電話059・354・8282へ。

このページのトップへ

ぜんそく改善目指す チャレンジデイキャンプ

 四日市市は、7月から12月までの全4回、市内在住のぜんそくの症状がある小学生と一緒に参加できる保護者を対象とした「チャレンジ・デイキャンプ」を企画している。参加無料。
 日程は7月8日(土)、同29日(土)、10月21日(土)、12月2日(土)。小児アレルギー専門医による指導のもと、ピークフロー測定、ぜんそく体験学習レクリエーション、運動療法など事故管理方法を楽しみながら学び、ぜんそく症状の改善を目指す。定員は20組で、全日程に参加できることが条件。会場は三重北勢健康増進センター(ヘルスプラザ、塩浜)と市少年自然の家(水沢町)。
 参加希望者は、市内の小学校や市ホームページから入手できる申込用紙に必要事項を記入し、市環境保全課公害保健係へ直接提出するかファクスで申し込む。6月16日(金)必着。応募多数の場合は症状などから担当医師が選考する。
 問い合わせは同課 電話059・354・8278へ。

【未病への旅】夏の養生

 夏は1年で一番陽気が盛んになる季節で、自然界のあらゆるものが活発になる時期です。高い温度と湿度の環境は体に負担もかかりますので、旬の食材の特性を生かして食事で体調を維持することが大事です。
 暑いからといって、冷房をかけすぎたり冷たいものを飲みすぎると、体の外と中が冷えて体内の熱を奪い、脾や胃の働きを弱め、腹痛や下痢を引き起こします。飲み物は温かいものがおすすめです。
 更に、キュウリやトウガンなど熱を取る野菜はショウガ、ネギを一緒に食べ、体をあまり冷やさないようにしましょう。
 夏の代表的な食材には、カボチャ、キュウリ、トウガン、ズッキーニ、オクラ、ニガウリ、トウモロコシ、アジ、ウナギ、カツオ、タコ、スイカ、梅などがあります。効能としては、のどの渇き、むくみ、胃腸の不調、疲れを解消させる効果があります。

熱を冷ます料理

◇トウガンとホタテのあんかけ(2人分)
〈材料〉
トウガン 300グラム
干しシイタケ 3枚
ホタテ 3個(半分または4分の1に切る)
酒 大さじ1
塩 小さじ半分
醤油 少々(好みで)

 トウガンは一口大に切り、干ししいたけは細切にする。鍋に全ての具を入れ、ふたをして15分ほど煮る。トウガンが軟らかくなったら水溶き片栗粉を加える。

◇キュウリのヨーグルトあえ(2人分)
〈材料〉
キュウリ 1/2本
トマト 1/4個
プレーンヨーグルト 半カップ
塩 少々
ミント

 キュウリは薄く小口切りにし、トマトは一口大に切る。ボウルにキュウリ、トマト、ヨーグルトを入れ、混ぜて塩を振る。器に盛り、最後にミントを乗せる。

(鈴鹿医療科学大学 髙木久代)

このページのトップへ

※掲載内容は取材時によるものです。詳細は、各施設・店舗にお問い合わせください。

最新号の記事
連載
バックナンバー
四日市最新ニュース
お問い合わせ
トップページ



【主な配布エリア】
ときわ地区│中部地区│川島地区│桜地区│日永地区│四郷地区│海蔵地区│内部地区│三重地区│羽津地区│橋北地区│大矢知│富洲原│塩浜│楠│富田│あがた│八郷│下野│保々