【第131号(2017年5月13日発行) 2面】三重県四日市市のタウン紙『タウン情報YOU四日市』

タウン情報YOU四日市トップページ > タウン情報YOU四日市発行一覧 > 第131号(2017年5月13日発行)記事 > 2面

第131号(2017年5月13日発行)記事 2面

祖父と孫2人 落語で共演
「自由におおらかに」稽古に励む


嶋君(中央)と悠太君(右)の落語の稽古を見守る川合さん

川合延雄さんと嶋遥太君・悠太君

 「みんなを笑わせるおじいちゃんは、かっこいい」。アマチュア落語家「ねむ亭安楽」こと、四日市市まきの木台の川合延雄さん(68)にあこがれ、川越町に住む孫の嶋遥太君(12)と悠太君(8)兄弟は、落語家への門をたたいた。3人は6月に開かれる「ファミリー落語会」での共演に向けて稽古に励んでいる。
 3年前、「市民寄席」を主宰する川合さんの高座を初めて見た遥太君が「ぼくもやりたい」と弟子入りを志願。まだ幼稚園児だった悠太君も、母に連れられ祖父や兄の落語を間近で見聞きし、小学生になってから始めた。
 「自由におおらかに」が指導方針。稽古の際は〝師匠”が〝弟子”の自宅に出向いているが、「そこはおじいちゃんと孫の関係ですから」と川合さんは笑う。所作をチェックし、扇子や手ぬぐいの使い方も指導する。以前は川合さんが演目を提供していたが、最近では2人がそれぞれ本などから探してくるという。

布団でも一席

 川合さんは「覚えが早く、人の心をつかむセンスがある。将来が楽しみ」と目を細める。2人は毎晩、布団の上で互いに一席披露しているそうで、今春から中学生となった遥太君は「みんなが喜んでくれるような落語をしたい」、悠太君は「小学生にも聞いてほしい」と意気込みを話した。
 「ファミリー落語会」は6月3日(土)午後1時から同4時半まで、同市下之宮町のあさけプラザホールで。入場無料。遥太君は「ねむ亭遥ノ丞」、悠太君は「ねむ亭ゆう丸」として高座に上がる。
 出演者は他に「落語小僧'S」のねむ亭禅ノ丞君、ねむ亭けい丸君(川越町)、可愛家ぱいるさん(四日市市)、小福亭明太子さん(同)、川の家河太郎さん(常滑市)ら、8歳から68歳までの計11人。
 問い合わせは川合さん 電話059・339・1134へ。

このページのトップへ

自然の中で学び楽しむ すいざわ田んぼの楽校


昨年の田植えの様子(提供写真)

 子どもたちに自然と人との温かいつながりや自然の素晴らしさを体感してもらおうと、非営利の市民活動団体「ふれあいファーム きららの風 すいざわ田んぼの楽校」は、四日市市水沢町にある休耕田で、米作りや野菜作りなどの農業体験イベントを定期的に開いている。
 2011年4月、子どもたちが自然の中で学び楽しむ居場所を作りたいと、前田佳男代表(69)(同市あがたが丘)が設立。昔ながらの米作りや野菜作り、かかし作り、泥遊びなどの体験活動やイベントを開いている。また、地元の農家を訪問し、お年寄りから子どものころの昔の話を聞き、昔の遊びを体験するなど世代を超えた交流を楽しんでいる。

文化を次世代へ

 体験活動の様子は口コミで伝えたりフェイスブックで公開したりしている。環境学習をテーマにしている子どもクラブや放課後等デイサービスに通う子どもたち、それに関わる大人など、大勢の人が自然と触れ合っている。
 前田代表は「子どもたちの豊かな感性を引き出すきっかけづくりや、古里を見つめ守り育てる日本の素晴らしい文化を次世代に伝える活動を長く続けていきたい」と語った。
 今年も12月まで月1回のペースで農事体験などのイベントがあり、5月21日(日)には「昔ながらの田植えとサツマイモの苗植えの体験会」が開かれる。午前10時から午後2時までで、集合は午前9時半、同市水沢町の市茶業振興センター。昼食持参。要予約。参加費は大人500円、小学生以上300円。幼児は無料だが保護者の付き添いが必要。
 問い合わせ、申し込みは前田代表 電話090・4256・2341まで。

このページのトップへ

受講募る よっかいち人権大学

 四日市市人権センターは、人権について広く学び理解を深める機会として、全8回の講座「よっかいち人権大学あすてっぷ2017」を6月から12月の期間に開く。受講無料。
 対象は市内在住・在学・在勤者を優先。市民が地域リーダーとして活躍できるよう、人権尊重の意識や行動がすみずみまで根付くことが目的。受講生は、1講座を受講するごとに10ライツ(ポイント)を取得し、100ライツ取得すると12月10日(日)の「じんけんフェスタ」で修了証が授与される。12月の記念講演はポイント対象外。
 定員は80人で、応募多数の場合は抽選。受講希望者は、市内の各地区市民センターなどにある講座案内用紙に記入して提出するか、住所、名前(ふりがな)、電話番号を記入し「〒510‐0085四日市市諏訪町2の2 四日市市人権センター」へ郵送する。ファクス(059・354・8611)、電子メール(jinkencenter@city.yokkaichi.mie.jp)でも可。5月25日(木)必着。
 また、6月10日(土)には開講式があり、午後1時半からは記念映画上映として、女優の杏さんらが出演する、高齢者によるアマチュアオーケストラの映画「オケ老人」を四日市市文化会館第2ホール(同市安島)で上映する。観覧無料。
 問い合わせは同センター 電話059・354・8609へ。

このページのトップへ

※掲載内容は取材時によるものです。詳細は、各施設・店舗にお問い合わせください。

最新号の記事
連載
バックナンバー
四日市最新ニュース
チラシ折込み
お問い合わせ
トップページ



【主な配布エリア】
ときわ地区│中部地区│川島地区│桜地区│日永地区│四郷地区│海蔵地区│内部地区│三重地区│羽津地区│橋北地区│大矢知│富洲原│塩浜│楠│富田│あがた│八郷│下野│保々