【第130号(2017年4月8日発行) 12面】三重県四日市市のタウン紙『タウン情報YOU四日市』

タウン情報YOU四日市トップページ > タウン情報YOU四日市発行一覧 > 第130号(2017年4月8日発行)記事 >12面

第130号(2017年4月8日発行)記事 12面

よみがえれアカマツ林 環境保全や植樹


緑の会羽津

 四日市市の「垂坂公園・羽津山緑地」周辺にはかつてアカマツが群生し、マツタケが採れていたという。もう一度マツタケが育つ山にしたいと夢を描く「NPO法人緑の会羽津」は、アカマツの再生に力を入れている。
 同法人は2000年に設立し、会員は60代から80代の42人。市の委託を受け、同公園や霞ヶ浦緑地の維持管理をする他、地域で花壇の手入れやイベント開催などのボランティア活動にも取り組む。
 「子どものころ、この辺りは『マツタケ山』と呼ばれていた」と懐かしむ同法人理事長の田中逸夫さん(81)。公園内には「アカマツの広場」という場所があるが、以前は50本ほどあった松も全て枯れてしまった。10年前、市から苗を50本もらったが、数本しか育たなかったことを受け、「その土地に生育する松の種から育てた苗を植えたほうがいい」と、昨年は自生した15本を植え、このうち10本が育っている。
 さる3月9日の植樹体験イベントでは、会員らが参加者に手ほどきをした=写真。参加したアメリカ人男性は「日本で自然保存の活動ができてうれしい」と爽やかに汗を流し、他の参加者も「自分が植えた松をまた見に来よう」と成長を楽しみにしていた。
 田中さんは「マツタケが育つのは難しいかもしれないが、その過程の環境保全が大事。立派に育つよう手入れし、もしマツタケが生えたら連絡します」と笑顔で話した。

このページのトップへ

人と動物の縁紡ぐ 譲渡会や情報発信


3月にあった譲渡会=南部丘陵公園で

動物愛護団体「つむぎ」

 昨年4月に活動を開始してちょうど1年、ボランティア団体「四日市動物愛護団体つむぎ」は、迷子犬の情報をブログで発信したり、保健所から殺処分されそうな犬を引き取って毎月譲渡会を開いたりするなど、人と動物の縁を「紡いで」いる。
 犬の保護活動経験がある服部千賀子代表(56)(四日市市下之宮町)が中心となり、25人の会員が所属。四日市、桑名、鈴鹿の各保健所から犬を引き取り、毎月第2日曜に同市の南部丘陵公園南ゲート駐車場前休憩所で譲渡会を開いている。これまでに60匹の命を救ってきた。
 3月12日の譲渡会には、犬用の雑貨などを扱ったフリーマーケットや、ペットの爪切り、耳掃除のコーナーもあり、犬を連れて散歩に来た人たちでにぎわった。譲渡会に参加した犬12匹のうち5匹の里親が決まった。次回は4月9日(日)午前10時から午後1時。雨天の場合は16日(日)。
 3月中旬には、同団体に協力している動物病院で、犬の治療に血液が必要となった際、以前譲渡した犬の里親が引き受けてくれた。命を失くしていたかもしれない命が別の命を救い、服部さんは「犬も人も、良い縁を紡げている」と活動する喜びを語った。
 同団体では、迷子になった犬猫の飼い主が少しでも早く見つかればと、迷子情報をブログ(http://ameblo.jp/tumugi0401/)で発信している。服部さんは「犬や猫がいなくなったり保護したりした時にはすぐ警察や保健所に届けて」と訴える。
 問い合わせは服部さん 電話090・9902・8817へ。

このページのトップへ

手作り品を楽しみに お針子ママの手作り日和


来場を呼び掛ける(右から)青木さん、斎木さん、中林さん、三宅さん

4月22、23日 山城町で

 「着やすくおしゃれな大人服」をコンセプトに、主婦たちの手作り洋服やバッグを展示販売する催し「第10回お針子ママの手作り日和」が、4月22(土)、23(日)の両日午前9時から午後4時まで、四日市市山城町のカフェ「レ・スゥール」2階で開かれる。
 同市赤堀南町の斎木悦子さん(61)と同生桑町の青木田鶴子さん(61)、三宅益子さん(66)の3人が作る洋服は、中高年女性の体の丸みに合うようなデザインで、綿や麻素材の生地が多い。「家で洗っても型崩れしない」と毎回好評で、手頃な値段設定も相まって、年1回の機会を楽しみに待つファンもいるという。
 6回目からは、3人の「洋服のイメージにぴったり合う」布バッグを作る同尾平町の中林茂美さん(63)も加わり、トータルコーディネートが楽しめるようになった。街で自分たちの洋服やバッグを身に着けている人を見掛け、感激することもあるそうだ。
 節目となる今回は、より多くの人に見てもらおうと、通常1日の予定を2日間にし、2日目にも新しい作品が並ぶよう心を込めて制作に励んでいる。子ども服や2人の作家によるポーチなどの布小物、犬の服なども含め、各日約300点を並べる予定で、斎木さんは「手作りの記念品を用意してお待ちしています」と来場を呼び掛けた。
 問い合わせは斎木さん 電話090・3453・2574へ。

このページのトップへ

※掲載内容は取材時によるものです。詳細は、各施設・店舗にお問い合わせください。

最新号の記事
連載
バックナンバー
四日市最新ニュース
チラシ折込み
お問い合わせ
トップページ



【主な配布エリア】
ときわ地区│中部地区│川島地区│桜地区│日永地区│四郷地区│海蔵地区│内部地区│三重地区│羽津地区│橋北地区│大矢知│富洲原│塩浜│楠│富田│あがた│八郷│下野│保々